パートナーとの関係(DV含む)一緒に考えます

『あなたは悪くない!』悪いのは暴力をふるう相手です

電話相談
評価
5.0 (2)
販売実績
3
残り
4枠 / お願い中:1
  1. 提供形式
    電話
  2. ジャンル
    • 人間関係
    • 家庭・子育て
    • メンタル全般
    • その他
パートナーとの関係(DV含む)一緒に考えます 『あなたは悪くない!』悪いのは暴力をふるう相手です イメージ1
パートナーとの関係(DV含む)一緒に考えます 『あなたは悪くない!』悪いのは暴力をふるう相手です イメージ1

サービス内容

相手の顔色をうかがって生活している。相手の機嫌ばかり気にしている。「怒らせるのはお前だ」」「誰が稼いでいると思っているんだ」「お前はおかしい」や、怒鳴る、無視、見下す、ひどい嫉妬は精神的暴力(モラハラ)です。他に、身体的暴力、経済的暴力、社会的暴力、性的暴力、デジタル暴力(プライベートの画像や動画をsnsに載せるなど)があり、これらはDVです。DVは親密な関係の男女間で起きます。DVは相手を怖がらせ、あやつり、支配し、コントロールするためにとる手段です。DVは病気ではありません。加害者に心の傷があっても、心の傷を癒したとしてもDVは直りません。加害者の中にあるコントロールしたいという”欲求”と暴力を正当化する”考え方”がDVの原因だからです。 DVにはサイクルがあります。まず第一段階は緊張の蓄積期⇒加害者の緊張が高まりイライラし、小さな暴力が起きる。次に第二段階は暴力の爆発期⇒抑えが効かなくなり、激しい感情と暴力が起きる。最後の第三段階はハネムーン期⇒加害者は謝罪し(泣いて土下座する人もいる)優しくなる。ハネムーン期の中で被害者は加害者を「やっぱりいい人」「やっていけるかも」と希望を持ち離れられなくなります。しかし、しばらくすると、また暴力が始まります。加害者の暴力の目的は「逆らったら怖いぞ」と思わせて、思い通りにするためです。繰り返されることで被害者は「自分が悪かったかな…」「自分が直せばいいのかな…」「自分さえ我慢すれば…」と全部自分のせいだと思い込まされ、恐怖感、無力感、自責観、孤立感を感じ、そこから抜け出せなくなります。これはDV被害者特有の症状です。加害者の特徴のひとつに、”紳士的”があります。対外的に”いい人”です。外面がいいので、「まさかあの人が…」と、他者からは信じられないような人だったりします。 思い当たると感じたら、お話ください。苦しい、辛い、悔しい、と感じていたらお話ください。お子さんがいらっしゃるなら、尚、お話ください。子供への直接の暴力がなくても”面前DV”という心理的虐待で、心身に深刻な影響があります。安全、安心のためにどうかお話ください。お願いします。 DV以外のご相談も遠慮なくどうぞ。 あなたはひとりではありません。

購入にあたってのお願い

⚠命の危険を感じたら迷わず110番してください。 「こう思うのは自分だけかな…」「ささいなことかな…」「こんなこと人に話しても…」「どの家にもあるし…」「いつか暴力がなくなるかも…」「離婚したいけどその後の生活が…」「子どもから父(母)親を奪ってしまうようで…」「どうせ駄目、無理…」「わたしさえ我慢すれば…」このような心配や不安も話し合いながら一緒に考えます。お話することは勇気のいることですが、自分の人生を取り戻すためにお話しください。自分が自分を取り戻す力を持っていると信じてください。助けを求めるのも大切な力です。あなたの勇気をお待ちしております。