カテゴリから探す

マスター2

あゆ海琴の『オート伝法灌頂プログラミング1↓』あなたを気に入った高次元意識体(神仏)が自動支援☆

2,000

20ポイント(1%)獲得

  • 112
    販売実績数
  • 0
    現在お願い中
  • 3/約1日
    お届けまで(予定/実績)

サービス内容

【オート伝法灌頂プログラミング1↓】を受けると、高次元意識体があなたを見つけやすくなることが期待されます。高次元意識体とは、神仏の中で人間に害とならない高霊格、高い次元にある意識体を指します。このアチューメントを受けられることで、宇宙で唯一のあなたに様々な高次元意識体からの支援と加護が入ることでしょう☆

購入にあたってのお願い

【オート伝法灌頂プログラミング1↓】を送らせていただくにあたり、お客様を特定するために、【(都道府県)⚪︎⚪︎市、⚪︎⚪︎町 お名前 性別 年齢(〜代可) 】をお伝えください☆彡
ご家族様なども承ります♪

一言PR

高次元意識体とともに歩むための登竜門となるアチューメント♪運気上昇、今世の課題への挑戦、守護や加護、真のヒーラーへの道を、様々な能力アップの素地となります☆すべての皆様へオススメ☆

よくある質問

【オート伝法灌頂プログラミング1↓】とは①
このアチューンメントは、
○真のヒーラーを目指す方
○他人の為に何かしたいという熱い想いのある方
○日々の生活を大切にしていきたい方
○しっかりと人を育てていきたい方
などにオススメです。
【オート伝法灌頂プログラミング1↓】とは②
・高次元意識体があなたを見つけやすくなります。すると、無意識のうちにアチューンメントが行われ、高次元意識体からの支援を受けるようになることが期待されます。
・言霊や念の力が高まることが期待されます。
・「念」が届く範囲が5倍以上に広がることが期待されます。
・時空を超えて「念」を届けられるようになる。

※ 過去や、存在しない空間、イメージしにくい空間には無理です。
※ 例えば、〇月〇日の〇時に××の気持ちを込めた自分の念が◇に届く、と数秒ほど念じたことの実現力が高まるということです。
※ 遠隔ヒーリングの能力が高まるということになります。
【オート伝法灌頂プログラミング1↓】とは③
受けて頂いたお客様の体感として、
「背中の下から上に抜けていったような感じです」
「何だか安定した感じ」
「手がジワジワします!」
とあるようですが、効果の出方や感じ方には個人差がございます。
効果の感じ方を深めるためには、
・軸
・ゆるみ
・重心や意識の位置を下げる
・変性意識状態に近づく
・上質な気を感じながら自発動功ができる状態
になっていきまして、
【自分に繋がっている高次元意識体から流れてくる波動を味わう】というように念じます。
すると、とても心地よい自発動功をすることができます。
さらに「ゆるみ」「肉のつながり」「視覚や聴覚を通って感じる練習」「胸の中で気持ちを感じる練習」などを積んでいかれますと、さらに体感を高めていくことができます。
【オート伝法灌頂プログラミング1↓】とは④
当方の【オート伝法灌頂プログラミング1↓】には宗教性が全くありません。
【オート伝法灌頂プログラミング1↓】を受けると、高次元意識体があなたを見つけやすくなることが期待されるのです。
高次元意識体が見やすいように、看板を立てるようなものです。
あなたという全存在を気に入った高次元意識体が、あなたにアチューンメントしてきます。
アチューンメントというのは、針の先ほどの穴を開けて、細い回線をつなぐということです。高次元からの波動が、その小さな穴から漏れてくることになります。感じ方を高めるには、先に述べた練習や、課題の解決をすることが必要となります。
【オート伝法灌頂プログラミング1↓】とは⑤
特に伝法灌頂については、瞬間的にアナハタチャクラを1,500垓%まで開くことができなければ施術をすることができません。
そのような能力者の減少によって、実効的な灌頂は現代では見ることができなくなってきています。
当方のお客様の中には「他のところで灌頂を受けたのですが・・」と来られる方々がおられます。
霊視しますと99%のお客様が偽の灌頂を受けており、悪霊や低次元意識体との繋がりを深めておられるようです。
【伝法灌頂】とは①
灌頂(かんじょう)とは、かつて密教で行われていた儀式のことです。
さまざまな神仏や曼荼羅と縁を結ぶ(アチューンメント)儀式でした。
具体的な作法としては古代のインドにおける王族の成人式のようなところからきているようです。
日本では、伝教大師が初めて灌頂を行ったといわれていますが定かではありません。
霊視によれば、灌頂という用語にとらわれず、その意味するところを実効的な儀式とすることができた僧侶が存在したのは、紀元前4,000年あたりから西暦1,600年代頃までが主であったのではないだろうかとされます。
【伝法灌頂】とは②
さて、灌頂には複数の種類がありました。

【結縁灌頂(けちえんかんじょう)】
特定の神仏との縁結び(アチューンメント)を指していたようです。
何らかの密教を修行していこうとする人が対象となったようです。

【受明灌頂(じゅみょうかんじょう)】
何らかの特定した密教について、かなり修行の進んだ段階でなければ受けることができなかったようです。
人生の全てをかけて、その道に取り組む修行者でなければ受けられないものであったようです。

【伝法灌頂(でんぼうかんじょう)】
弟子や民衆を何らかの道へと指導していく高僧のことを阿闍梨(あじゃり)と呼んでいました。
この阿闍梨の位を授ける儀式のことを伝法灌頂としていたようです。
かつては伝法灌頂によって、密教の奥義が全て伝授されたとされ、自らの弟子をもち一宗の開祖となることを許可されたのです。

評価・感想(88件) 5.0

コミュニケーション
  サービスの説明
 
読み込んでいます...

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス