サービスを探す

今まで隠してきた2019年気絶級バイナリー渡します

《説明を読んで激震してください》もはや奇跡です。BOツール

4.914 販売実績:21 残り:5枠(お願い中:0人)

サービス内容

《今までひた隠しにしてきたバイナリーの秘密を公開します》
実は相場は約5〜10年単位で大きく変化し、それまでのロジックが全く使い物にならなくなります。
2000年代初頭は移動平均線、2012年まではRSIの逆張りロジックがビタビタ決まっている相場でした。
2013年から2017年まではローソク足系ロジックが活躍し、2018年の時点で大分以前と相場とは違った相場になってきております。

億を稼ぐトレーダーがある日突然ピタリと勝てなくなって退場してしまうのはこのためです。

2018年の時点で銀行、証券会社等の大口投資家がロジックにAIを投入してきており、それによって以前と比べてかなり複雑な分析を要す相場になってきております。

巷のバイナリーオプションツールや自動売買システムでバックテストを出して過去の成績が良いものでも2018年度マイナスを出しているものがほとんどです。

2019年から通用するロジックはこれまでと全く違ったものになり、既存のインジケーターはゴミクズと化してしまう可能性が非常に高いです。

そこで全く新しい分析アプローチの2019年度に使える最先端バイナリーツール「Benefit」を開発しました。

それをついにココナラで独占公開します。

ロジックは、先行指標ベース+あるものを足したものになり、大きなトレンドには逆らわない、「順張りの逆張り」です

バックテストは2018年 17通貨 5分 15分 60分 1日を対象に行っています。
《Benefitのスペック》
・次世代型の全く新しいロジック
・15分取引以上のみ推奨
・エントリーできる通貨は17通貨
・1日の中でエントリーできる時間帯等は予め決まっております。
・1日のエントリー回数は3〜6回程度
多くのエントリーをしても資金を減らしてしまったら何の意味もありません。

《初心者、ツールが苦手でも問題ナシ》
決められたところでのみエントリーするので誰が使おうと同じエントリーです。
導入環境、インジの細かい説明を含めてゼロから26ページ以上のPDFで解説しています。

矢印タイプのツールではありません。先行指標で、予め大体のエントリーラインを把握することができ、ツールが苦手な方も慌てることなくお使いいただけます。

他のツールとの違いを感じ、今まで負けてきた方はいい加減に目を覚ましてください。

すべて読む
  1. 提供形式
    PDF・各種定型ファイル
  2. お届け日数 1日(予定) / 約1日(実績)

有料オプション


購入にあたってのお願い

【解説レポート内容】
1.はじめに
2.推奨環境について
3.推奨時間帯について
4.エントリー推奨通貨ペア
5.推奨バイナリー業者と口座凍結
6.各インジケーターの解説
7.ロジックの構造
8.エントリー条件
9.実際のチャートを用いたエントリー局面の解説
10.非公開コンテンツ(購入後に閲覧可能)
11.質疑応答集

全てゼロベースで解説しているため、購入後一切手を煩わせることなくお使い頂けます。
またレポート内で曖昧な表現を一切使用せず、基本的な導入から、なぜそうなるのか、具体的にどうすれば良いのかまで全て完結した解説がされています。

【注意事項】
・ツールお渡し後、確認が取れ次第、または購入後から24時間経過後に『正式な回答』をさせていただきます。
・当教材は特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動・運用手法を推奨、拘束するものではなくその内容の正確性、安全性等、確実な利益を何ら保障するものではありません。投資は100%自己責任です。
・当教材、または模倣したものを販売者に許可なく転売、転載することを禁止いたします。

以上の3点をご同意頂いた上でご購入くださいませ

すべて読む

一言PR

2019年次世代の最高傑作ツールです。後悔は決してさせません。


よくある質問

ロジックはどのようなものですか?順張りですか?逆張りですか?
ロジックは逆張りですが、大きなトレンドには逆らわない、順張りの逆張りを狙ったロジックになります。

ロジックは3つのインジより構成されておれており、
Benefit1.ex4 先行指標ベース(相場がある価格に到達する前に示される未来型の指標)
Benefit2.ex4 先行指標ベース(ボックスレンジの幅やローソク足の形、向き、ヒゲ等の数値から押し目を探し出すインジケーター)
Benefit3.ex4 文字化されたトレンドの向きと強さを測るフィルターの役割を果たすインジケーター

どれも視覚的にわかりやすく、
スッキリした美しい構成になっております。

画像の2枚目「ロジックの基本構造」も合わせてご覧くださいませ。
私は超がつくほどの初心者でツールを使った経験がなく不安です。大丈夫でしょうか?
手法自体とてもシンプルで、エントリー箇所が固定化されており、老若男女誰でも同じ場所のエントリーになります。
時たま、「他販売者のツールを購入したものの、裁量が必要でした。Benefitは裁量が必要ですか?」という質問が寄せられます。

1ミリでも裁量が必要なものはそもそも過去検証もすることもできなければ、利用者によって結果が変わるなどロジック自体が完全に崩壊しています。

Benefitは完全に無裁量です。
よって初心者だからといって一人だけ違う結果になるということはありえません。

ツールを使う上で最低限知って頂きたい内容は
解説レポートの方に推奨環境、取引の時間帯、曜日の性質等全てビジュアル的にわかりやすく記載されておりますので、そちらをご参照くださいませ。
このツールで勝てますか?
ココナラ様の規約により直接的な表現をすることは禁止されておりますので、直接的な返答は差し控えさせていただきますが、代わりに理論上の話をさせてください。

例えば、ペイアウト率1.88の場合
理論上の損益分岐点勝率は約53.2%にになります。

そして、実際にツールを使っていただくとわかるのですが、バックテスト(理論上の数値)とフォワードテスト(実際の勝率)というのは数パーセント乖離が発生します。

これはどんなに優れたツールでも必ず起こります。

隠しスプレット、約定拒否などバイナリー業者側の様々な要因によって起こるものだからです。

巷のツール販売者はこういったことを知らないどころか、MQL4言語をマトモに理解すらしていない方が多いのが現状です。

当然「Benefit」では、凍結含めバイナリー業者、MQL4言語に関しましても知り尽くしており、そういった要因を考慮して開発しております。
過去の相場と2018年度の相場は具体的に何が違うのですか?
少々専門的なお話をさせていただくと
・既存の信頼度の高いチャートパターンに関してのダマシが増えている
・2018年度の相場は以前より時間軸が早まっている
・既存のオシレーターが全くもって効かなくなってきている

その他にも色々ございますが、簡単に言うとこれまでセオリーとされてきたものが、ダマシでセオリー通りいかなくなってきている相場になります。

またバイナリー業者自体の仕様変更も大きく変更が見られ、2018年末-2019年始あたりに約定拒否率の上昇、エントリー遅延の上昇、凍結基準の厳重化等がみられております。
マーチンゲールは使用しますか?
いいえ、マーチンは一切使用しません。
マーチンゲールを行なってしまうと
ペイアウト率1.88倍の場合(ハイロー5〜15分取引)
1度のマーチンで掛け金を約2.1倍する必要があり、
2度のマーチンで約4.5倍する必要があります。
エントリー額が業者に入れている額の1%だとしても極めて破産確率が高くなります。

一方、計算してみるとマーチンを行なって、目先の勝率を上げているように見せたとしても、負けた時の額が大きいのでトータルの期待値は上がらないことがわかります。

よって破産確率は極めて高くなるのにも関わらず、期待値は同じであることがわかります。

目先の1回、2回は救われるかもしれません。
ですがマーチンゲールを続けている以上必ずいつか破綻します。
お昼は仕事をしているため、夜間しかチャートに張り付けませんが、問題ないでしょうか?
問題ございません。
予め推奨している時間帯は全て決まっておりますが
日本時間 ニューヨーク時間 ロンドン時間
それぞれに取引可能推奨時間があり、一部の曜日を除いて概ね1日のうち18時間は取引できる時間がございます。

ご自身のライフスタイルに合わせてご利用可能です。
もっと見る

評価・感想(14件) 4.9

コミュニケーション
  サービスの説明
 
読み込んでいます...

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス