サービスを探す

原発汚染時代の、ニッポンの「魚」の食べかた! 「社会の裏側!」37を、ココナラ価格で提供!

販売実績:0
現在お願い中:0 残り受付枠:5 お届けまで:3日(予定)
500

5ポイント(1%)獲得

サービス内容

★サブタイトル:動かない海藻の放射性物質汚染実態を見れば、その海の状態がよく分かる。検出値から見えるものとは……


こんにちは。この「社会の裏側!」シリーズは、アマゾンではすべてが電子書籍になっております。レートにもよりますが、各巻は585円前後。しかし、「PDF版」でのご希望がかなり多いため、当事務局では特別に「PDF版」を作成してお譲りしております。その場合の価格は、各巻が1000円ですが、今回、ココナラ限定で、「500円」で提供することにいたしました。企業名や商品名なども公表し、とてもマスコミでは報道できない内容ですので、今後の人生にお役に立てば、幸いです。すべて短文で、しかも楽しい文体です。ぜひお楽しみください。詳しくは下記をご覧ください。→ http://goo.gl/EKuOas

購入にあたってのお願い

多くのかたのお役に立てば、幸いです。

一言PR

多くのかたのお役に立てば、幸いです。

よくある質問

簡略でいいので、目次を教えて下さい。
(第1章)日本の貝塚を見ても分かるとおり、昔から日本人の先祖たちは、魚や貝などをたくさん摂ってきました。まさしく魚食民族だったわけですね。だけどいま、日本列島の海は深刻な事態になりました。だからこそ、下記の原稿をぜひ読んでほしい……
(第2章)ところがあの日「3.11」から、魚が180度変わった。しかも政府が発表する数値は隠蔽されたものでした。なぜなら、政府は、魚に取り込まれやすい核種である「ストロンチウム」や「トリチウム」などの放射性物質を「意識的に」測定していないんですね。とくにこのトリチウムは、一度環境に放出されると……
(第3章)ぼくたちが、福島沖や宮城沖がどうか……だなんて騒いでいる間に、いまではもう近海物ではない秋の食事の代名詞ともいえるサンマや、戻りカツオなどからも、放射性物質が微量ではありますが検出されるようになりました。そこで、魚の選びかたとしては……
PDFの頁はどれぐらいですか。
24頁です。文字数としては、11293文字ほど。それほどの分量はありませんし、楽しい文体ですので、いま一番新しい問題がサッと理解できるかと思います。多くの読者から喜ばれております。ぜひご覧下さい。
ただし、現在の本作品の価格は、専用ブログで公開している価格の半額です。そのため、ほかのかたの手前、いつまでもこの価格で提供するというわけではありません。
ほかにも、「社会の裏側!」シリーズを山田はたくさん執筆していますので、順次、それらを一つずつこの場所で半額で提供して行こうかと思っております。
そのため、本作品の価格については、現在、「ココナラで公開している期間だけ」とさせて下さい。よろしくお願いします。

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス