サービスを探す

TOEIC 600点を最速で目指す方法を伝授します

- 必要なのは2ヶ月、たった3冊の参考書(4,248円)

販売実績:1
現在お願い中:0 残り受付枠:2 お届けまで:1日(予定)
500

5ポイント(1%)獲得

サービス内容

◯満足頂けなければキャンセルをして下さい
◯疑問があれば、回数無制限でやりとり致します


【サービス内容】
 ① TOEIC 600点を目指す方に参考書を提案
 ② PDFにて勉強方法を提示します(12ページ)

まずはPDFファイルを提供致します。その後、疑問点や追加で聞きたいことについて個別対応をさせて頂ければ幸いです。


■世の中の無駄、学習の無駄をなくしたい■

楽天ブックスで"TOEIC"と検索すると、65,963件もの検索結果が出てきます。(2018年10月22日時点)

しかし、TOEIC 600点に必要なのは…
 ・ たった3冊の参考書です!
 ・ 合計で4,248円しかかかりません!
 ・ 期間は2ヶ月のみです!

やるべきことは少ないです。
最小時間で最大効果を得たい方にコンサルします。


【PDFのサンプル文章】 ~英単語の覚え方~

 一単語で覚える方法、フレーズ(またはコロケーション:単語と単語のつながり)で覚える方法、そして文脈中で覚える方法の3つがあります。必ずフレーズ、ないしは文脈中で覚えるようにしましょう。人は無意味な文字列などを暗記するのが極端に苦手です。裏を返せば、単語に意味付けをしてやれば記憶がしやすくなるということです。(略)

(1) 記憶のフックに引っ掛ける
 既知の知識や記憶と結び付けて新しい知識を覚えることを、私は「記憶のフックに引っ掛ける」と呼んでいます。例えば、poverty(貧困)という単語は知らなくても、poor(貧しい)という単語はご存知ですよね?povertyを覚える際には、既に知っているpoorと結び付ければそうそう忘れません。(略)

(2) 語幹、接辞をフル活用する
 これも意味づけの一環ですが、単語をグルーピングして暗記する方法があります。
語幹とはinclude「含む」、exclude「除外する」、conclude「結論付ける」といった単語のcludeにあたる箇所です。一方、接辞(接頭辞・接尾辞)というのは、それらのin, ex, conに(続く…)

購入にあたってのお願い

以下について教えて頂けるとスムーズです。
【TOEICの目的/目標/スコア】
【英語の学習歴】 →取り組んだ参考書など
【本サービスへのご期待点】 →聞きたいこと

一言PR

世の中には、人生を遠回りしている人がとても多いように感じます。(私がその代表ですが…)
最小労力で、最大効果を手に入れ、受験や仕事で結果を残せる人が少しでも増えれば幸いです。

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス