療養住環境の最適化をお手伝いします

建築・医療・介護のプロ/行政/ケアを受ける患者・家族のために

電話相談
評価
-
販売実績
0
残り
5枠 / お願い中:0
  1. 提供形式
    電話
  2. コンサル・アドバイス
    パーソナルカラー診断
    顔診断
    骨格診断

サービス内容

◇医療や介護を自宅や施設で受けるとき、機器や設備について誰に相談しますか? ◇"臨床工学技士"と"第1種電気工事士"の『ダブルライセンス』を持ち、両方の実務経験がある人材が稀であることをご存知ですか? ◇医療機器には臨床工学技士という国家資格を持った専門家がいます。 ◇医療機器の多くは電源を必要とし、電気設備には電気工事士という国家資格を持った専門家がいます。 ◇在宅や施設で医療機器を使うとき、臨床工学技士と電気工事士が別々に関与することはありますが、同一人物であることは滅多にありません。 ◇私は両方の実務経験があり、例えば人工呼吸器の電源アラームが鳴動していれば患者/機器/コンセントの三方から確認することができます。 ■建設業界の皆様へ■ ◇20歳以上の3人に1人は高齢者、1950年生まれも75歳になる2025年まであとわずか、今後のお仕事は高齢者目線が欠かせません。 ◇高齢者やケアを受ける必要がある住人向けの助言や提案、お手伝いさせてください。 ■医療・介護に従事する皆様へ■ ◇これからご家庭などへ送り出すとき、良い療養生活を過ごせるか心配なときありませんか? ◇MSWやケアマネさんもプロですが、MEも建築も現場経験がある人の意見も欲しいな、というときにはお声かけ下さい。 ■医療や介護のケアを受ける方、ご家族様■ ◇どのくらいの準備をしておくと良いのか不安になっていませんか? ◇リフォーム業者さんとの打ち合わせ、看護師さんとの面談、日本人同士なのに通訳が欲しいなと思うことありませんか? ◇図面や機器リストからの『備え』についてご助言いたします。 【回答方法】 ▽ご質問を投げかけてください ▽回答をご用意します ▽概ね3問までとしています ▽医療従事者でも患者さんでも、学生さんでも質問者は問いません ▽例えば『在宅医療を始めたのですがコンセントは家庭用でも良いのですか』といった質問でも持ち合わせた知見でお答えします。 医療機器と設備の『異業種が一体となって』ではなく『一体の人間』が両専門に詳しい、境界領域に立つゲートキーパーです。免許と現場経験を持つことが特長ですが、学会発表やセミナー講師など社会活動として50回以上の登壇経験もあります。在宅医療を受けていた末期がんの父親が居た事も経験値です。

購入にあたってのお願い

●医療法や医師法に抵触する内容はお答えできません。 ●治療や症状などについては答えられません(医師法等の法令遵守) ●機器のトラブル等はメーカーやかかりつけ医療機関にご相談ください