サービスを探す

緊急!!!病院にはもう行くな!薬の多用で20代にして難病を持った私が明かす、医療機関のここだけの話

5.01件) 販売実績:1
現在お願い中:0 残り受付枠:5 お届けまで:3日(予定)
1,000

10ポイント(1%)獲得

サービス内容

*海外プログラムに参加して提供サービス全てをバージョンアップするため、一旦サービスをストップしますが、2016/3/1に再開します。
右側にある受付休止中のボタンを押していただければ、サービス再開と同時に優先的にご案内します。
このような真実を知っていますか
・風邪薬は症状を一時的に抑えるが根本を治すものではない
・乳製品(牛乳、ヨーグルトなど)は幼児以外は飲むべきでない
・医者は風邪をひいても風邪薬を使わない
・虫歯がないところでも歯を削る場合がある

本当に?と思われた方もいるかもしれません。ですが、世の中のことをよく勉強している人にとっては常識です。

体は何よりも大事で特に若い世代は健康に気を使う人がほとんどいません
業界の裏側を知ることで自分を守ることができます。

関係ないぜと思ってる人ほど、突然大病になって受け入れなくなるものです。20代に無茶をする人ほどしっぺ返しがきます。

有料オプション

このサービスには、1,000円のサービスに、プラスして「有料オプション」サービスが
付いています。
※購入したサービスがキャンセルになった場合は全額返金させて頂きます。

購入にあたってのお願い

*注意
このサービスで伝えることは、これまでの常識を全てひっくり返してしまうかもしれません。

私自身まだ20代ですが、過去に入院を3度しました。
これまでなった重い病気は原因不明の病気、髄膜炎、膠原病、ぶどう膜炎で、今も右目右耳が全く機能しない状態です。特に膠原病、ぶどう膜炎は付き合っていく難病で、入院して苦しんでいるときに
「なんで俺だけこんな目に合うのか。」
と精神的に非常に苦しいときもありました。
何が原因だったのかを考えると、鼻炎アレルギーも持っているのですが、小さい頃は毎週のように鼻づまりを抑えに耳鼻科に行って薬を体に入れてました。
中学になって耳鼻科に行くことはなくなったのですが、その結果どんどん鼻炎が改善されていったのです。はっきり言います。薬を使えばいいなんてのは大嘘です。
これ以上、被害者を出さないように絶対に知っておてほしいことをどうしても伝えたいのです。

一言PR

真実に気付いたのは、片目が見えなくなってしまったときです。
目が見えなくなるという恐怖はその病気を徹底的に調べさせます。
情報収集をしていった結果、驚きの真実がありました。
後悔しても後悔しきれませんが、なんでこんなに体が弱いんだろう、とこれまでの謎がついに解けたのです。

よくある質問

日本の医療全てがダメなのでしょうか。
全てではないです。もちろん素晴らしい面もあります。日本でほとんどの医療機関が取り入れているのは、西洋医学です。西洋医学が有効な場面も限定的にありますが、予防ではなく起こってから応急処置的に対処する方法です。つまり根本的なところは治さないのです。
つまりどの病気に何の治療をするのかを知っておく必要があります。医者に丸ごと投げてるようでは自分の体を守れません。文句も言う資格がないです。
そもそも人の構造は非常に繊細で複雑なので様々な医療法がありますが、同じパターンで治そうとするのがそもそも間違いだったのです。
具体的に何を教えてくれるのでしょうか。
提供することは、
・私の体験談
・業界のカラクリ
・健康への意識
・具体的に明日からできる健康法を紹介
です。

評価・感想(1件) 5.0

読み込んでいます...

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス