サービスを探す

尿もれ防止☆尿もれしない体をつくる体操法を教えます

<基礎編>プロトレーナーによる年齢を問わず、効果のある方法♪

販売実績:0
現在お願い中:0 残り受付枠:5 お届けまで:2日(予定)
3,000

30ポイント(1%)獲得

サービス内容

<プロトレーナーが開発したオリジナルの体操メニューです!>
自宅で簡単に行える1回10分間程度の体操で、尿もれがバッチリ改善します!
女性の方はヒップアップ効果も期待できます。

せき・くしゃみ・重い荷物を持った時の尿もれ。
外出先や、ちょっとした動作で尿もれしてしまうのって、とってもツラいですよね。
しかも、なかなか他人には相談しずらいです...

私たちのスタッフにも尿もれで悩んでいたり、将来尿もれの心配がありましたが、皆で尿もれ防止体操に取り組んでいます♪

そして、1人で行う運動は継続することが大変ですが、
ビデオをみながら体操してもらえるので、無理なく運動できます!

自分だけが...恥ずかしい...相談なんてできない...
とお悩みの方にこそ、この尿もれ防止体操に取り組んでいただき、
尿もれしない身体づくりを行ってほしいです。

私たちと一緒に、不安のない日々を手に入れてましょう♪

【豆知識1】尿もれについて・・・
日本排尿機能学会の調べでは、40代以上の3人に1人が頻尿や尿漏れといった尿トラブルを経験しているという結果が出ています。また年齢が高くなるにつれて尿失禁の頻度が高くなっていきます。在宅高齢者(65歳以上)の約10%、病院や介護施設などに入所している高齢者では実に50%以上に尿失禁が(北川定謙、ほか:尿失禁にどう対処するか. 財団法人 日本公衆衛生協会, 1993)みられます。我が国では、60歳以上の高齢者の50%以上に尿失禁があると報告されています。その実数は 300 万人とも 400 万人ともいわれています。

【豆知識2】尿もれの4つのタイプと原因
(1)腹圧性尿失禁
せき・くしゃみ・重い荷物を持った時など、おなかに力を入れた時に小量の尿が漏れてしまう。
(原因)骨盤底筋群のゆるみ。骨盤底筋が健康な状態であれば、お腹に力がかかっても骨盤底筋の組織が反射的に尿道口を締め、尿もれを防ぎます。骨盤底筋がゆるむと尿道口を締めることができず尿がもれてしまいます。
(2)切迫性尿失禁、(3)溢流性(いつりゅぅせい)尿失禁、(4)機能性尿失禁

私たちがお伝えする尿もれ防止体操は、「せき・くしゃみ・重い荷物を持った時など、おなかに力を入れた時に小量の尿が漏れてしまう」といった方が対象です。

購入にあたってのお願い

私たちがお伝えする尿もれ防止体操は、「せき・くしゃみ・重い荷物を持った時など、おなかに力を入れた時に小量の尿が漏れてしまう」といった方が対象です。

*この体操は、人工関節の方はご利用になれませんので、ご注意ください。
*効果には個人差があります。
*身体に無理のない範囲で継続しましょう。

一言PR

尿もれ防止体操は<基礎編><応用編>の2つあり、どちらも骨盤底筋群を鍛え、ゆるみを改善する運動ですが、悪い姿勢でどんなトレーニングしても骨盤底筋群の筋力がつきにくく、せっかく運動を頑張っても効果が発揮できません。まずは基礎編で基本的な筋力をつけてから応用編に進みましょう。

よくある質問

【豆知識2】で紹介されている尿もれの4つのタイプについて詳しく教えてください
(1)腹圧性尿失禁については前述の通りです

(2)切迫性尿失禁
突然の強い尿意を感じ、トイレまで我慢できずに漏れてしまう。
(原因)骨盤底筋のゆるみ、過活動膀胱や男性は前立腺肥大症、女性は膀胱瘤や子宮脱などの骨盤臓器脱が多い。

(3)溢流性(いつりゅぅせい)尿失禁
自分で尿を出したいのに出せない、でも尿が少しずつ漏れ出てしまう
(原因)前立腺肥大症、手術後などに膀胱周囲の神経の機能が低下等。

(4)機能性尿失禁
排尿機能は正常で、脳卒中の後遺症・アルツハイマーなどが原因で尿を漏らしてしまう。
(原因)排尿器官以外の身体機能の異常による。

ーーーーーーーーーーー
私たちがお伝えする尿もれ防止体操は、「せき・くしゃみ・重い荷物を持った時など、おなかに力を入れた時に小量の尿が漏れてしまう」といった方が対象です
ーーーーーーーーーーー
せき・くしゃみ・重い荷物を持った時など、おなかに力を入れた時に小量の尿が漏れてしまう人は、骨盤底筋群という、股間あたりの筋肉群がゆるんでいることが多いとのことですが、骨盤底筋群がなぜ緩むのでしょうか?
【豆知識3】尿もれの影響「骨盤底筋群のゆるみ」の原因
骨盤底筋群がなぜ緩むかというと大きくは4つの原因があります。

1. O脚
O脚の人は、大腿骨が外に開いて膝が曲がるだけでなく、骨盤が前傾したり後傾したりするので、骨盤底筋群が緩んだ状態になるからです。

2. 姿勢が悪い
姿勢が悪くなると、骨盤底筋群が緩みます。特に腰が曲がったり、歩行時に腰を曲げてしまう人や、高齢者の場合はシルバーカー・歩行器・ステッキなどを用いて歩くと骨盤底筋群が緩みやすくなります。

3. 加齢
更年期、女性ホルモン・エストロゲンの減少による筋力低下によって骨盤底筋群がゆるんでしまいます。

4. 出産
妊娠・出産時に骨盤底筋群ゆるんだり切れることで出産後も緩んだままになってしまいます。

☆私たちがお伝えする尿もれ防止体操は、「骨盤底筋群のゆるみ」を改善する方法です。

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス