55歳からの起業や転職を考えるアナタを後押しします

シニアのひとりが行うシニアの今後を共に考えるための後押しです

評価
4.5 (2)
販売実績
2
残り
3枠 / お願い中:0
  1. 提供形式
    制作物 (+テキストチャット)
  2. お届け日数
    要相談
    初回返答時間
    2時間以内(実績)
    業種
    • 製造業
    • 人材・業務支援
    • 小売・飲食・生活
    • その他
    職種
    • 経営者・経営企画・経営戦略
    • 経理・財務・IR
    • 営業・接客

サービス内容

55歳を過ぎて、起業や転職を考えるアナタの後押しを致します。 起業か転職のどちらかを特に勧めるという訳ではありません。50歳を過ぎて、起業、転職を実際に体験したもののひとりが、それらを思うアナタと共に、アナタの今後について、一緒に考え、相談するトークルームサービスです。 起業、事業開設とは、正に経営をこれからの人生の一部とし、経営者として、社長として、アナタが考え、行動し、世の中に何事かを問うという行為であります。発起したアナタが法人や事業登記を行ったり、必要な準備を進めるということで、すぐに活動をスタートできるでしょうし、一部の職種は業務委託としてアウトソーシングするということもできますが、基本的には、全てを自分で考え、判断することとなります。法人登記の方法やアナタの独自性の商品化の他にもいろいろと考えなければならない新しい知見も蓄積する必要があることでしょう。 転職の場合、望む条件の求人があれば、既に持つ知見だけで、ほぼこれまで通りの業務に集中できるかもしれません。新しい仕事場に慣れるなど、新規に習得すべき知見もあるはずですが、最低限とすることができます。課題は業務そのものより、そのような期待される条件の求人を探し出し、その求人によって採用されるという業務活動前の求職活動そのものにあると考えられる場合があります。 独立や経営という負担を考えると、転職の方が楽のように思えることがありますが、アナタ自身が望む条件の求人採用に巡り合うことに思いの他時間がかかることで考えが変わることもあり得ます。一方、起業したとして、業務遂行、回収、申告など全てをこなすつもりであったとは言いながら、集客という実際に買ってくれるお客さんとの機会創造が思うようにならず後悔するということもあるかもしれません。いずれにしても、自分自身が「すべき」だからしたのではなく、「したい」と思ったからした結果であることを受け止め、臨機応変に自分自身を変えていく考え方について、ざっくばらんに相談させて頂こうと思います。 ・アナタが何を望むのか ・アナタの経営としての会計、人生の家計としての裏付け ・アナタと他の人々の関係づくり、必要なコミュニケーション 考え方とは、以上のように大きく3つに分けてアナタの考えを整理するということです。その後押しをするトークルームサービスでございます。

購入にあたってのお願い

●期間:「質問と課題確認」の後、14日〜20日間。 ●方法:ざっくばらんにトークルーム上で交信、相談致します。     また、レポート作成、PDFファイルで送ります。 1.最初にご連絡頂きたいこと 現在のの課題、困り事などについて教えてください。経緯や現在の環境なども盛り込んで頂くとイメージしやすくなります。頂いた内容を元に、今般の課題を考えます。 2.質問と課題確認 頂いた内容から、いくつかの質問をさせて頂きます。また、ご用命頂いた課題を確認させて頂くことがあります。トークルームからご回答、ご確認をお願いします。 3.質問と課題確認後 ・3~4日内にレポートを作成(PDF形式、A4大フォーマット)連絡 ・内容をたたき台として、質問・意見・感想など何事によらずご連絡下さい。  都度、トークルームで相談致します。 ・必要によって、レポート追加などを行います。 ・レポートは資料、記録であると共に成果となったことを確認して、サービス完了です。 「質問と課題確認後」からが課金対象です。それ以前であれば無料キャンセルで対応しますので、ざっくばらんにお申し出下さい。