カテゴリから探す

電子書籍の出版代行致します

電子書籍の出版を徹底サポート。電子書籍の出版を徹底サポート

5.01件) 販売実績:1
現在お願い中:0 残り受付枠:5 お届けまで:5日(予定)
40,000

1,200ポイント(3%)獲得

有料オプション

サービス内容

今回ご紹介するのは電子書籍をほぼすべて請け負うサービスです。

・印税にちょっと憧れてる
・自分の本を出版してみたい!
・自分のブランディングにつなげたい!

ただ、
・文章は書けるけど、出版の手順がわからない
・パソコン作業はどうも苦手・・・
・amazon Kindleの設定がどうも苦手・・・

そんな方にぴったりのサービスとなっています。


★”ほぼ”とつけたのはお客様には「文章の執筆だけ請け負っていただくため」です★


【具体的に行うこと】

①KDPアカウントの取得
②税情報の入力
③著者ページ登録、
④テキストファイルのキンドル最適化
⑤表紙の作成
⑥タイトル設定
⑦商品説明欄の作成
⑧出版

こちらの④まではネット検索で、でてくる「電子書籍出版代行」と同じサービス内容です。
⑤以降は普段から
◼セールスライター
◼コピーライター
◼webマーケター

として活動している私ならではの商品となっています。

⑤〜⑦の詳細についてはQ&Aに記載されているのでそちらを御覧ください。


【出版代行会社との違い】
①値段が安い

こちらの出版代行サービスと大手出版代行サービスでは値段がかなり違います。
理由はシンプルでこちらの代行サービスは私一人で行うものであり、経費は私にしかかかりません。

そのため
49,800円や39,800円で出版代行をしている会社様より安く出版代行が可能です。


②日頃からセールスライターとして活動中
普段からwebのセールスライターとして活動しています。
そのため
タイトル作成(タイトルの重要性に関してはQ&Aを御覧ください)や商品説明欄の作成(こちらの重要性に関してもQ&Aを御覧ください)では

「どのようなタイトルや商品説明が多くの人に見られるのか?」を考えながら取り組んでいます。

一般的に1冊の電子書籍で
月/1000円〜3000円いけばいいと言われる中で画像にあるような結果を出すことができています。

※①、②のKDPアカウントの取得に関しては個人情報を扱うためこちらでマニュアルを用意します。(20分程度の動画)
こちらをご覧の上、各自で設定していただきます。
動画を見ればどなたでも簡単に設定できますの、ご安心ください。

ご興味のある方はDMにてご連絡ください。

有料オプション

このサービスには、40,000円のサービスに、プラスして「有料オプション」サービスが
付いています。
※購入したサービスがキャンセルになった場合は全額返金させて頂きます。

購入にあたってのお願い

購入後のフローは次のようになっております。

①「動画視聴」
まずはKDPアカウント取得のためにこちらからKDPアカウント作成動画をお送りします。
こちらをご覧の上でアカウントを作成ください。

②「文章の送付」
お作りした文章をお送りください。
こちらで電子書籍に対応するE-pub形式に変更致します。

③表紙のイメージ画を教えてください。
表紙を作成するにあたって「こんな表紙がいい!」というものを教えてください。
なければこちらで5つほどテンプレートを用意するのでそちらからお選びください。

④出版を行います
こちらで出版を行います。
その際は遠隔操作で行うため、「TeamViewer」をインストールしてください。
TeamViewerの安全性や使い方・インストール方法に関してはこちらを御覧ください!
http://links-creations.com/surrounding/teamviewer/

※不明点があればDMにてご相談ください。

よくある質問

表紙の作成はなぜ重要なのですか?
表紙はAmazonを見に来たユーザーの最初の目に留まるところです。
一度自分でAmazonにて好きなジャンルの本の検索をしてみてください。
目に留まる本と全く気にならない本にわかれると思います。
表紙がださい、興味を惹かないものであればその時点で誰にも見てもらえません。


そこで私がイラストレーターやフォトショップを使って興味を引く表紙を作成します。

実際に表紙は添付画像の方をご確認ください。
タイトル設定の重要性は?
本のタイトルは興味を引く上・検索にひっかかる上で重要です。
A「電子書籍を出版する方法」
B「初心者でも電子書籍を7日間で出版するラクラクテンプレート」

A,Bでは興味を引く上ではBの方が興味を引くでしょう。

またキーワード(ユーザーがどういった単語でその本を調べるのか?)を考えたときに

Aの場合
電子書籍
電子書籍 出版

Bの場合
電子書籍
電子書籍 出版
電子書籍 初心者
電子書籍 出版 初心者

Bのほうがユーザーが調べる可能性のあるキーワードを沢山
押さえているため、販促として効果的です。


つまり、タイトルは

◼興味を引くもの
◼キーワードにかかるもの

であることが重要だと言うことです。

評価・感想(1件) 5.0

読み込んでいます...

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス