サービスを探す

個人事業主様の記帳代行(65万円控除対応)承ります

青色申告の特典をフル活用されたい個人事業主様

販売実績:0
現在お願い中:0 残り受付枠:3 お届けまで:10日(予定)
2,000

20ポイント(1%)獲得

サービス内容

個人事業主様の記帳代行を承ります。ご自身のお仕事に集中したい、経理がよくわからない、青色申告の特典の活用をお考え中の方特にお勧めです。

【概要】
対象者:青色申告の承認を受けている個人事業主様
仕訳数:1月当たり30仕訳前後まで
メヤス:通帳1ページ、領収書10枚程度、売上・仕入等集計表など
料金:一月あたり2,000円
使用ソフト:弥生会計

【青色申告の特典など】
・詳細な帳簿書類の備付などをすると65万円控除を受けられます。
・節税効果
 1.所得税(最低税率5%の場合)
   65万円×5%=32,500円
 2.住民税(一律)
   65万円×10%=65,000円
 3.1+2=97,500円
・国民健康保険料の計算も65万円控除後の金額になります。
・青色申告の特典
 65万円控除又は10万円控除、純損失の繰越控除(3年間)、青色専従者給与の必要経費算入、貸倒引当金の繰入など

【サービスの流れ】
・預金通帳、証憑書類(請求書・領収書など)をPDFにてメールして下さい。
・月次の残高試算表をPDFにてメールいたします。
・12月の記帳代行が完成しましたら総勘定元帳をPDFにてメールいたします。
・3月15日までにご自身で確定申告書を作成し提出して下さい。なお、確定申告をご希望の方は別途お受けいたしますのでご相談下さい。

業種:税理士業務
登録番号:121527
所属:近畿税理士会左京支部

購入にあたってのお願い

・青色申告による申告書を提出しようとする事業者様は、青色申告承認申請書を提出してその承認を受けなければいけません。

・青色申告を受けようとする年分によっては、承認申請書には提出期限がございます。(例)業務を開始した日から2ヵ月以内など。

・青色申告の特典には届出書の提出が必要なものもございます。

・青色申告以外の事業者様は承ることができません。青色申告以外の記帳方法に従ってご自身で記帳して下さい。

・小規模事業者様を対象としているため、仕訳数が多い場合はお近くの会計事務所などにご相談して下さい。記帳代行から税務申告までの相場は10万円から30万円位です。

・記帳代行会社などで、「仕訳の摘要を全く打たない」、「通帳などの残高が合っていない」「複式簿記により経理処理していない」などの場合には65万円控除が受けられない場合もございますのでご注意ください。

トラブル防止のため必ず事前問い合わせをお願いいたします。

一言PR

当事務所は、法人・個人を問わず年間20万円前後で記帳代行から税務申告までご対応しています。もちろん年末調整なども全て込みです。税理士報酬の見直しをお考え中の方大歓迎です。

よくある質問

「1月当たり30仕訳前後まで」ですが、最大で何仕訳まで可能ですか。
基本的には50仕訳で限度を設けさせていただいています。通帳2ページ位が目安になります。
一月あたり100仕訳を超えますが対応可能ですか。
大変申し訳ございませんがご対応いたしかねます。お近くの税理士事務所等にご相談下さい。
届出書・確定申告書の作成はして貰えますか。
税務書類の作成と税務代理(税務調査等の対応)を伴う場合は、トラブル等防止のためにご契約書を交わして頂く必要がございます。
確定申告は初めてですが申告書の作成は簡単にできますか。
国税庁のホームページでの申告書の作成がお勧めです。また、確定申告期の地区無料相談や税務署での申告書作成コーナーを利用されると丁寧に指導してくれます。
記帳の依頼を検討中ですが、記帳代行会社と税理士(会計)事務所ではどのような違いがありますか。
税理士登録している者がいると税理士(会計)事務所等と名乗ることができます。記帳代行会社は基本的には税理士登録している者はいません。ただし、税理士等が所得分散のために記帳代行会社を運営している場合はございます。同じ料金を支払うなら税理士(会計)事務所等に依頼されることをお勧めいたします。

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス