カテゴリから探す

あなたの小説を読みます

小説の感想が欲しい。恥ずかしがり屋なあなたへ。

販売実績:0
現在お願い中:0 残り受付枠:1 お届けまで:14日(予定)
10,000

100ポイント(1%)獲得

サービス内容

小説を誰かに読んでもらいたいけれど、周りに文学をしている友達がいない方へ。文学サークルに入るには勇気がいるし、文学サークルが近くにない方へ。
あなたの小説を読んで感想を述べます。そしてアドバイスします。

他人からの目線は大事で、自分では気づかない事に気づいたりするものです。例えば、「最後」と「最期」の使い分け。最後は物事の終わりで、最期は死ぬ時の終わり。
他には方言。台詞で方言が出るのは問題ないのですが、地の文章で方言を使うのはどうかと思います。
そして、Xmas. X’masとアポストロフィーを入れるのは間違いで、Xmasが正しい。

小説は、文字列の集まり。つまり、人間が意思を疎通するために作った記号の集まりです。性別や年齢、育った環境の違いで、人によって、同じ小説を読んだとしても受ける印象が違うのです。つまり正解はないのです。

私は小説という芸術をもっと楽しみたい。正解はなくとも、たくさんの作品を読み、感化され、作者の恣意に触れたい。

私は90パーセントの人間に支持されるような作品は駄作だと思っています。10パーセントのコアなファンがつけば良い。どこまでも、ぶっ飛んでいる、逝っちゃっている作品を書きたい方を支持します。大丈夫。わたしも頭のネジが外れているから。

頭のネジは外れてますが、ちゃんと読んで、感想とアドバイスを述べます。蝶々より、てふてふのほうが、柔らかい。

購入にあたってのお願い

400字詰め原稿用紙換算で100枚を超える作品は、感想とアドバイスをお届けするまで、お時間を必要とします。

一言PR

デビュー前のあなたの作品を読まさせて頂きます。これはとても価値のある事です。

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス