カテゴリから探す

2年間の調停で離婚経験から、お悩みお聴きします

離婚に踏み込みたいけれど、何をすればいいか迷っている方へ

販売実績:0
現在お願い中:0 残り受付枠:2 お届けまで:5日(予定)
2,000

20ポイント(1%)獲得

有料オプション

サービス内容

離婚調停を2年経て、離婚を受け入れました。私は申立人(離婚したい側)ではなく、相手方(離婚を受け入れたくない)側でしたが、離婚に関して、ましてや調停離婚に関しても、当時は全くの無知でした
私自身、私が病気を持ち、会社を休みがちなのもひとつの離婚理由でしたが、それは建前上の話であり、一方的に離婚を要求されました

離婚においては大きく2つの方法があります
①協議離婚
②調停離婚
過去に、私の経験からリアルに相談を受け、そのアドバイスから離婚した友人も居ました

①協議離婚は、夫婦共に意見が一致していれば、全く問題無く離婚は成立します。が、やっておかなければ後々揉め事の問題になる事項もあり、ただ離婚届に判を押すだけが離婚ではありません

②の調停離婚に関しては、①の協議離婚がお互いの意見が一致せず、揉め事となった時、家庭裁判所にて行われるものです。家庭裁判所の調停と言っても、TVで見るような裁判法廷で行われるものではありません。夫婦同席、もしくは別席で、男女各1人ずつの調停員を通して話し合いをしていきます
裁判が「白か黒を付ける」としたら、調停は「グレー」にするというイメージ。但し、調停をしたからと言って、必ず離婚成立できるものではありません。そこまでの効力は調停にはありません。最終的には調停の話し合いの中で、お互いが納得した上で、調停調書を書記官が作成し判を押した時に調停離婚成立となります

場合においては、調停を不調(不成立)にさせ、審判(家庭裁判所内の裁判)とさせる場合があります。この場合、その結果にどちらも従わなければなりません。私は養育費に関して、調停を不調にし審判を申立た経験があります。結果は私の言い分が通りました

その他、調停外で、相手の配偶者が勝手に離婚届に判を押し、離婚を成立させてしまう場合もあり、それを防ぐ事を私はしました

調停離婚のほとんどは、弁護士など必要ないと思って居ます。弁護士に支払うお金があれば、大切なお子さんに使うべきだと思います。お子さんは何も罪はありませんし、1番の被害者は、何の罪もないお子さんです。

私の経験から活かす内容を伝えられればと思います。なお今回、メールを内容を追加しました。本来ならば、相談者様の事情を細かく聴く事も大切な事ですが、気軽にメールで伺うのも大切と思いました

基本はメールは2往復までとします

有料オプション

このサービスには、2,000円のサービスに、プラスして「有料オプション」サービスが
付いています。
※購入したサービスがキャンセルになった場合は全額返金させて頂きます。

購入にあたってのお願い

私は調停離婚の経験者であり、弁護士や司法書士、行政書士などの資格は持っていません。
あくまで、実際に経験した内容からお伝えできればと思っています。

一言PR

離婚したい方
離婚したくない方

どちらも1番大切なのは、自分よりもお子さんのことをまずは考えてあげてください。

やりとりはメール往復2回までとします。

よくある質問

必ず離婚できますか?
まずは、相手の方(配偶者)が納得していれば、可能ですが、必ずお互いの取り決めをした上で、協議離婚することをお勧めします。
お互いの取り決めに関しての詳細はメールのやり取りでさせていただきます。

互いの意見が食い違い調停離婚する場合、調停が成立した場合、その場(その日)が離婚成立日になります。
調停は、家庭裁判所にて離婚調停を申立てる必要があります。
但し、調停を申立たからと言って、必ず離婚出来るとは限りません。年齢や相手の意思や法律的に離婚理由になる行為をしていなければ、成立しない場合もあります。しかし、申立る側に明らかに婚姻の継続が無い場合は、成立する場合もあるかも知れません。その場合は長期間の調停になる可能性もあります。

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス