サービスを探す

大江戸おみくじ大全!江戸時代のおみくじで占います

江戸時代由来の3種の御神籤から未来を占います。

5.01件) 販売実績:1
現在お願い中:0 残り受付枠:5 お届けまで:3日(予定)
500

5ポイント(1%)獲得

サービス内容

「おみくじ」は古代中国の「天竺霊籤」が仏教経由で日本に入ったものです。

その後、仏式・神式などのおみくじが発達しました。

このサービスでは、江戸時代前後のおみくじのうち



①「元三大師百籤」(平安時代の僧、元三大師良源由来のもの)江戸期 <仏式おみくじ>

②「神籤占」(幕末王政復古の頃、出雲大社に祈願して授かったという)明治期 <神式おみくじ>

③「辻占八卦」(民間占術である「辻占」を応用したもの)明治期 <民間信仰系おみくじ>


を引いて、占いの結果をお届けします!


購入にあたってのお願い

 3種類のおみくじ・御籤を引いて頂きますが、すべて「みなさまの手で選択」できるようにしています。(私がおみくじを自分の手で引くことがないように気をつけています)

<おみくじを引く方法>

 まず、数字を1~100までのうちお好きな数字を2つ選んでください。同じ数字でもかまいません。

(この数字を独自のアルゴリズムで実際に引くおみくじの番号に変換します)


 次に、1円玉~10円玉など、なんでもいいのでコインを6枚用意してください。それを両手の中でよく振ってほうりなげ、バラバラに散らばったコイン6枚を縦にならべてください。

 それから、コインの表(数字が書いてあるほう)、と裏を6枚順番に記録して教えてください。

 「数字2つ」と「コインの順番6つ」が揃えば、準備OKです。

例) 好きな数字「2」と「37」、コインの順番は、縦に「表・表・裏・表・裏・裏」でした。






 

一言PR

<注> 私は江戸期の文学・歴史について研究していますが、霊感等で占う者ではありません。江戸時代の古文書・文献資料から、占術系の書物をチョイスして、現代の皆様にその内容を提供するものです。
 
資料はすべて、歴史的価値のあるものばかりです。

よくある質問

一般的な神社のおみくじなどとはどんな違いがありますか?
特に「元三大師百籤」については、日本のすべてのおみくじのルーツになったもので、元祖といってよいでしょう。

最も初期のおみくじなので、かなり「凶」が多いです。それだけ、良いことも厳しいこともはっきり結果を出す傾向があります。

現代人は、「不吉なこと」に対する耐性が低いため、現代のおみくじほど、凶が少なく入っているのが実態です。
「凶が多い」ということは、よくないことが起きるのでしょうか?
いいえ。「こうしたことに気をつけて、心の緩みがないように」というヒントだと考えるのがよいでしょう。

そこで、このサービスでは、仏教式・神道式・民間式の3つの占術から御神籤を組み合わせて、バランスよく占えるようにまとめてみました。
三種類のおみくじはどのようなものですか?
江戸期から明治期にかけて、刊本としてまとめられた占術関係の古文書のうち、3種類をチョイスして使用しています。

江戸時代の書物は「くずし字」で書いてあり、現代の人には読めないため、それを活字に直したものを画像としてお届けします。

おみくじの結果はどのように届けていただけますか?
3種類それぞれのおみくじを画像としてお届けします。古典のことばで書いてありますので、ポイントを現代語に直して文章でも説明いたします。

特定のテーマ(恋愛や進路・仕事など)について占うことはできますか?
もちろん可能です。おみくじは基本的には万能型の解説がついていることが多いですが、「これについて知りたい!」というポイントがあれば、現代語解説の折にその点をしっかりご説明します。
3つもおみくじを引いて、どれを信じたらいいのかわかりません。
神社などで、「おみくじを何度も引くのは良くない」とされることがありますが、これは同じ神を何度も試すことになるからです。

このサービスでは、仏様・神様・占トのまったく異なる観点をパッケージしましたので、それぞれの結果を踏まえながら、参考にしていただければいいと思います。

初詣は神社に行き、クリスマスを祝って、お寺で法事をしてもらうのと同じです。

評価・感想(1件) 5.0

読み込んでいます...

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス