カテゴリから探す

逆算の子育て・心を育てる子育てという視点からのワンポイントアドバイス

500

5ポイント(1%)獲得

この出品者は最終ログインから時間が経っています。
  • 評価
  • 0
    販売実績数
  • 0
    現在お願い中
  • 7
    お届けまで(予定)

サービス内容

 心のサポーター事務所のますだせいじです。私は、33年間の間に人様の悩みや夢の実現に向けての個人相談を3万回以上させていただいてきました。下は、小学生から上は90歳代の方まで。そして、一人の人の人生を五年、十年、十五年と見守ってきました。そんな経験の中で結論として出てきた最適の子育ては、逆算の子育て・心を育てる子育てでした。

 逆算の子育ては、近視眼的に目の前のことにとらわれるのではなく、将来をしっかりイメージしてそのために今何をする必要があるのかと考えて着実に実践していくというもの。

 心を育てる子育てが必要な理由は、人の発想や言動は、その人の持っている心から自然と湧いてくるということ。ですから、良い発想で生きるためには、心を育てていくことが必要になります。

 そのような視点から目の前にある問題や気になることを客観的に整理して、今何ができるのかをアドバイスさせていただきます。

 

購入にあたってのお願い

〇問題点・気になっていること・周りの状況・本心などをありのままにお書きいただきますと、アドバイスの精度が高まります。
〇ご返事に対する質問などは、受け付けさせていただきます。
〇不明の点がありましたら、こちらからもお伺いすることもあります。
〇守秘義務は厳守いたします。

一言PR

どのような視点に立つかによってアドバイスの内容も変わってきます。親御さんは、お子さんの人生に対する責任をお持ちだと思います。私もお子さんが50歳になられた時に信頼と尊敬を得られているためにという視点でアドバイスさせていただきます。

よくある質問

もう成人になったのですが、子育て卒業ではないのですか?
世間的に言いますと、そういう考え方もあります。しかし、成人したからと言って、親子の関係が切れたわけではありませんし、親としてできることがなくなったわけではありません。特に、私のところに相談に来られている人の問題が30歳代や40歳代になられたお子さんのことということも結構多いものです。もちろん、成人したお子さんを子ども扱いしなさいという事ではなく、その段階によって親としてできることはありますよということなのです。
親の心を作ることが大切ということですが、これは、一体どういうことでしょうか?
お子さんの心の大部分は、親の心を受け継いでいます。しかし、それだけではなく、お子さんの人生の中で得た人生観によって影響を受けつつ育ってきているわけです。そのような意味では、親御さんの心の成長(開眼)は、親御さんの人生の上にも意義がありますし、お子さんの人生にも影響してきます。

また、別の角度から説明しますと、お子さんのことでお悩みの方で、お子さんだけを変えようと無理されている方が多いのも事実です。しかし、それでは、限界があります。やはり、親の心がそのまま子供に受け継がれているというところに目を向けますと、親御さんとしての対応のあり方が広がっていくものです。
逆算の子育てとありますが、もう少し説明していただけますか?
 そうですね。たとえば、お子さんの問題が表面化してくるのは、中学生になってからという場合が多いものです。しかし、その問題の芽は、小さい頃から芽生えてきています。
ですから、如何に芽の段階で見つけることができるかがポイントになります。

 より速くみつけるためには、将来を思い、そして、現状を客観的に見ていく目が大切になります。そのような意味で、逆算の発想が役立つわけです。
社会に出た時必要になる心というのは、たとえばどんな心ですか?
 いろいろありますが、たとえば、「察する心」がありますね。これは、言われてもその通り出来ない人もいますし、言われたらできる人もいます。しかし、多くの企業が求めているのは、言われなくても察して動ける人なのです。この察する心は、就職したからできるというようなものではなく、子供の頃からの子育てで変わってきます。
 親御さんがせっかちで、いつもお子さんが考えて結論を出す前に指示をするような接し方をしていたとしたら「察して動く」という心は育ちにくいでしょう。

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス