サービスを探す

私の措置入院の体験お伝えします

なるべく辛い措置入院をする人が少なくなるために

販売実績:0
現在お願い中:0 残り受付枠:5 お届けまで:30日(予定)
500

5ポイント(1%)獲得

サービス内容

措置入院という言葉を、精神障害を抱える人なら誰でも一度は聞いたことがあると思います。
ここでは私が初めて経験した、措置入院についてお伝えし、措置入院を考えてる人にとっての判断材料として提供したいと思います

私の経験は恐ろしく、絶望的なものに見えるかもしれません。でも、その分、措置入院をするということは決して良い側面だけある、ということではないと、できれば措置入院を避けるために対策をとらなけれあばならないということを知ってほしいのです。

措置入院とは政令指定都市の市長の権限と責任において、人を傷つけたり、自傷をしたりするおそれがある場合、強制手に入院させることを言います。

私は、措置入院を何回か経験し、その度に辛い思いをしてきました。
今でも、その時のことを思い出すと、胸が痛みます。

私措置入院することになった経緯、
なぜ措置入院という手段を取らなければいけなかったのか、

措置入院が始まる時、始まった時にに行われること、
そこで感じた恐怖や絶望などの感情。

私が、経験した措置入院は、今まで生きてきた中では経験できない、壮絶なものでした。

しかし、もちろん、措置入院がどうしても必要な時もあるし、
そのおかげで当人が落ち着きを取り戻し、症状が良くなる場合もあると思います。

私の経験は私の症状が重かったために、措置入院が辛く感じたのも事実です。
それに、入院する病院が悪かったのもあるでしょう。
そのため措置入院そのものを私は批判したり、否定したりするわけではありません。


でも、私が経験したような措置入院はあってはならないと思います。
現代には私が経験したような措置入院は人間にすることがあってはいけないものだと、そう深く思っています

悪い、辛い思いをしないための措置入院をすることにならないように、どうすればいいか、私なりに伝えていけたらと思います。






購入にあたってのお願い

精神障害を抱える本人様、ご家族様へ
○あなたについて教えてください
・どんな病名だと診断されていますか
・いつからその症状は発生していますか
・その症状が発生した理由は想定することができますか
・どんな症状に苦しんでいますか
・どの程度、入院について考えていますか
・どの程度、入院が必要な状態にありますか

など、あなたについて、症状や感情など、なるべく詳しく教えていただけると幸いです。

○私はセラピストやカウンセラーではないため、こうしたら絶対に間違えない!
といった完璧で論理的なアドバイスはできません。
その代わりできる限りのことを経験者として、伝えていけたらと思っています。

一言PR

過去のトラウマとなっている「措置入院」について少しお話ししました。
この記事がどなたかの役に立つことが出来たなら、
心から救われます。
写真は元気になるに連れ、家族と出かけれるようになり、そのとき撮った写真です。

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス