カテゴリから探す

航空特殊無線技士の受験対策を指導します

パイロット志望者必須の無線免許取得を目指すあなたへ

4,000

40ポイント(1%)獲得

  • 評価
  • 0
    販売実績数
  • 0
    現在お願い中
  • 3
    お届けまで(予定)

サービス内容

【このサービスの内容】
パイロットの必須資格として操縦資格の他に無線免許があります。
日本では大きく2種類、航空特殊無線技士と航空無線通信士という資格があり、
そのうち入門資格といえる航空特殊無線技士(通称:航特)の指導を行います。
オリジナルテキストのほか、メールでの相談サポート付きで合格までサポートします!

※メール相談はご購入いただいてから2ヶ月とさせていただきます。
延長はオプションよりお願いいたします。

購入にあたってのお願い

パイロット資格の有無と、免許の必要な期日などがあれば教えてください。(例:○月の自家用操縦士受験まで、航空大学校の入校まで、自社養成の入社までなど)

一言PR

私は日本およびアメリカで飛行機、滑空機の免許をもつパイロットで、現在は日本で次世代のパイロット養成と、ジェネラルアビエーション(軽飛行機産業)を活性化させることを目的とした活動と、操縦教育を行っています。1人でも多くの方が安全に自由に空を世界を楽しめることが目標です!

よくある質問

メール相談ではどのような内容を相談できますか?
ご購入時に送付させていただくテキストの内容のほか、過去問題の解説にも対応させていただきます。
必要書類、諸手続きの相談とは、どのような内容でしょうか?
受験に必要な書類の入手、書き方から、試験合格後の免許交付までの疑問点をメール相談承ります。
出品者の保有資格は?
私は航空特殊無線技士、航空無線通信士どちらも保有しております。
航空無線通信士の講座はないのでしょうか?
航空無線通信士のテキストについては目下製作中ですので、今しばらくお待ち下さい。
航空無線通信士を目指していますが、航空特殊無線技士を取得するメリットはありますか?
航空無線通信士の資格受験において、航空特殊無線技士の免許を持っていると免除される科目があります。また、航空無線通信士の資格は受験料が、航空特殊無線技士の約2倍と高額で、なおかつ合格率も30%前後と少し高いハードルなので、航空特殊無線技士からの受験をお勧めしております。

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス