カテゴリから探す

物語のあらすじ+ワンポイント解説します

読んでもよくわからなかった物語がある方向け

500

5ポイント(1%)獲得

  • 評価
  • 0
    販売実績数
  • 0
    現在お願い中
  • 3
    お届けまで(予定)

サービス内容

 国語のテストで良い点を取りたい!
 大学のレポート課題で感想文がある!

 そんな方向けのサービスです。
 古文、漢文でも受付けています!

 あらすじは簡単な言葉を使って話します。
 どの部分を具体的に解説してほしいのかをおしえてください。

 例「春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山際、少し明かりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。」
 
 解説「これは景色を表した文章です。日本の四季の特徴のうち春を見事に言い表している、とても風流な表現として親しまれています」

 まず、「春はあけぼの」ですが、春の夜明けは冬の寒さがまだ残っていて、そういう寒い日の朝は空がよく澄んでおり、登ってくる太陽が綺麗に見えます。書いたのは平安時代の随筆家清少納言です。平安時代には当然、高い建物もなく、山の方までしっかりと見渡せます。(購入にあたってに続く)

購入にあたってのお願い

この時、「白くなりゆく山際」の山際とは、空と山の境目です。徐々に顔を出す太陽の強い明かりが山際をまず白くしていきます。
 +ワンポイント

「紫だちたる雲」、つまりは紫色の雲を見たことがありますか? 私は朝日ではないですが、夕焼けの空がオレンジ色と紫色の混じったような色になっているのは見たことがあります。ですが、ここで清少納言があえて、紫色の雲と表現したのは平安時代、紫色というのがとても高貴な色だったからです。特に、仏教ではその紫色の雲に乗って、仏様がやってくると信じられています。そのため、紫色の雲は吉兆の印なのです。春の朝にいい運勢が見えたら、嬉しいですよね!
 平安時代の人も占いは気にしていたのでしょう!

一言PR

このように、解説していきます。できるだけあなたにあった解説をしたいので、

 何に使うのか。

 この部分を教えていただければ嬉しいです!
 では、よろしくお願いします。

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス