サービスを探す

リスニング対策!【英語耳の作り方】、教えます

英会話講師流勉強法の【TOEIC対策】【英検対策】を!

5.04件) 販売実績:7
現在お願い中:0 残り受付枠:5 お届けまで:要相談 /約1日(平均実績)
500

5ポイント(1%)獲得

サービス内容

「リスニング」は日本人の最も苦手とされる、「英語の四技能」と考えられています。※諸説あります。

英検やTOEICのリスニングテストなんかは大抵、
①写真や絵などの行動描写
②自然な会話を成り立たせる
③スピーチなどのある一定の長さの内容を理解する
という項目があります。

ですが、このリスニング。
ただのテストだけとは限りません。
AET(ALT)などの外国人の先生やその授業、または英会話などでかなり重要となって来ます。

言語を扱っているとき、特に聴いている時に、このような経験はありませんか?
①あれ?今なんて言ったんだろう?
②早くて聞き取れなかった
③聞き返す程大切なこととは思えないけど
④メモが取れなかった
リスニングが苦手な学習者は英語特有の発音や言い回しから生じる問題が、上記4つの問題になり得ます。


もちろん、日本語でも全く同じ経験をしたことがある人もたくさんいるかと思いま
それは日本語も英語も言語なため、話し方には様々な「クセ」が存在します。
それは男っぽかったり、女っぽかったり、早口だったり、滑舌が良くなかったり、回りくどかったり、、声質がバラバラだったり、、、などなど、人によって沢山の癖があります。
<例えば>
東京人と大阪人ではワードチョイスや訛りが全く異なるのと同じように、アメリカ人とイギリス人のワードチョイスや訛りがあったりします。

では、それらを克服するのはどうするべきか?
それは単純明快で、<慣れること>です。
違和感がある話し方をする人とずっと一緒にいたら、それが当たり前のことになり、耳が順応して来ます。

ですが、英語耳を作るにあたり、「人のクセ」に慣れることは後回しです。

では、何が優先させられるべきなのでしょうか?

それは「英語の音声に慣れること」です。
そもそも、英語の音声に慣れていなければ、人の話すクセに慣れることは出来ません。

そんな僕は、大学入学時のリスニング(TOEIC目安)が4割程度しか取れなかった僕が、留学経験を得るために継続して行ったリスニング力を上げた勉強法をお教えします!

手軽で、勉強している意識のない勉強法お教えします!
※効果は個人差があります。

希望する方には、他のリスニング勉強法をお教えしますので、ご連絡ください!

購入にあたってのお願い

「即日効果」のようなものではありません、反復的練習や学習をすることが大前提です!

評価・感想(4件) 5.0

コミュニケーション
  サービスの説明
 
読み込んでいます...

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス