カテゴリから探す

相続専門の行政書士が遺言書の作り方教えます

遺言書を作ったほうがいいのかな?どうやって作ればいいのかな?

販売実績:0
現在お願い中:0 残り受付枠:5 お届けまで:3日(予定)
1,000

10ポイント(1%)獲得

この出品者は最終ログインから時間が経っています。

サービス内容

ご相談者の状況をお聞き取りした上で
○遺言書を残したほうがいいのか
○残すとすればどんな形式のものがよいのか
○必要な費用やどんな書類が必要なのか
をお答えします。

購入にあたってのお願い

ご家族の構成(遺言を作る人を中心に 親・子・兄弟姉妹などをお伝えください)
ご家族の状況(例 子どもが2人いる)
財産の状況(財産は自宅の土地と建物、ほかは預貯金・・)
などをお知らせください。

一言PR

遺言が残されていなかったことで大変な思いをしているご家族をたくさん見てきました。
遺言書を作っておくことで残されたご家族は楽に相続手続ができます。
一度確認をしておきましょう。

よくある質問

財産が少ないのでうちは遺言書いらないですよね?
主な財産が不動産だけだったりした場合など、名義を誰にするか?2人以上で持ち合う「共有」になったりすると売るのにも貸すのにも共有名義人の同意が必要になります。どちらが住むのか?も問題になったりします。
お子さんのいないご夫婦などは、配偶者が遺言なしになくなると、ほとんど交流のない親や兄弟が相続分を持つことで残された配偶者さんがたいへんな思いをすることになります。
財産の多い少ないと遺言の必要性は関係がないことがあります。

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス