現役プロライターがプレスリリースを【作成】します

選ぶ側だからメディアに「ささる」ポイントがわかる!

評価
5.0 (1)
販売実績
1
残り
2枠 / お願い中:0
現役プロライターがプレスリリースを【作成】します 選ぶ側だからメディアに「ささる」ポイントがわかる! イメージ1
提供形式 ビデオチャット打ち合わせ可能
企画・構成
リサーチ
SEO対応
写真・画像選定
グラフ作成
無料修正回数
1回
お届け日数
要相談
業種
言語
現役プロライターがプレスリリースを【作成】します 選ぶ側だからメディアに「ささる」ポイントがわかる! イメージ1
現役プロライターがプレスリリースを【作成】します 選ぶ側だからメディアに「ささる」ポイントがわかる! イメージ1

サービス内容

■ささるプレスリリースを現役プロライターが作成します! いま、効率的なPR手法として注目されているプレスリリース。かつてはPR会社や大手企業などメディアとパイプのある一部の人だけのツールでしたが、PRタイムスなどの配信サービスの登場で、誰でも手軽にプレスリリースを打てる時代になりました。 しかし、「プレスリリースってなに?」「何を書いていいのか分からない!」「書いているけど取材をゲットできない!」という人がほとんどです。 良いプレスリリースとは何でしょうか?  答えはたった一つ。 新聞や雑誌、テレビの記者・ディレクターに“ささる”リリースです。 “ささる”とは、それを読んで「記事や番組にしたい!」と思うこと。 では、どうすれば“ささる”プレスリリースを配信できのでしょうか? それは、ささる側、つまりメディアの人間にまかせるのが一番です。 担当者は有名メディアで長年執筆するキャリア20年以上のベテランライター。何百通というプレスリリースに毎日接し、それを選ぶ人間なので「面白いプレスリリースとはなにか?」「どうすればメディアが面白いと思えるように書けるのか?」という”ささるポイント”が分かるのです。 ■メディア視点でのフィードバックやアドバイスも受けられる ですので、ただ単に文章を整えるという他のプレスリリース作成サービスとは一線を画します。 リリースしたい商品やサービスについてイチからヒアリングし、どのように打ち出していくべきかを相談しながら一緒に決めていきます。いわばプレスリリースを通したPRのコンサルティングです。 ■記事掲載につながることも⁉ 担当者は現役のプロライターなので、添削したリリースの内容が、自らの執筆するメディア記事の主旨に沿うものと判断した場合、取材をお願いする場合があります。 ■太く長いお付き合いを! 単に作成して終わりとは考えていません。プレスリリースをきっかけに、ご購入者様のPRのサポートを”パートナー”末永くお手伝いさせていただければと考えております。太く長いお付き合いができる方のお申し込みをお待ちしております! ●納期 下記方向性策定カウンセリングの翌日から初稿入稿まで最大中5営業日を頂戴します。例えば月曜日にカウンセリングした場合は翌週の火曜日、水曜日にカウンセリングした場合は翌週の木曜日が入校日となります。

購入にあたってのお願い

(サービスの流れ) ●見積もり・カスタマイズ相談 ご購入者様のプロフィールや発信したい商品サービス、希望納期についてお知らせ下さい。 専門性等を判断します。可能んら以下の資料もご送付下さい。 ・具体的な資料 ・これまで作成したプレスリリース ↓ ■方向性策定カウンセリング(30分程度) ヒアリングが質疑応答により、作成するプレスリリースの方向性を策定します。 ↓ ■プレスリリース初稿の作成・入稿(通常A43枚程度) ヒアリングに基づいてプレスリリースの初稿を作成します。 (またはすでに作成されているリリースの添削、リライト) ↓ ■修正依頼 初稿で修正したい部分をご指摘いただき、それを元に書き直します。 (無料修正は1回まで。同意した方向性と全く違う内容の修正はお受けできません) ↓ ■修正版・納品 修正したリリースをWordとPDFで納品します。 追加の修正がある場合は有料オプションをご購入下さい。 納品したリリースはご自由に修正・加筆、レイアウト変更を行って下さい。 ※ビジネス内容が公序良俗に反する、また継続作業が不可能と当方が判断した場合は、依頼をお断りする場合がございます。

有料オプション