中一の「社会科の壁」へのつまづきを防止します

実は一番差がつくのは社会科!教師歴16年の須貝先生が教えます

評価
5.0 (11)
販売実績
12
残り
10枠 / お願い中:0
中一の「社会科の壁」へのつまづきを防止します 実は一番差がつくのは社会科!教師歴16年の須貝先生が教えます イメージ1
提供形式 ビデオチャット打ち合わせ可能
お届け日数
1日(予定) / 約4日(実績)
用途
中一の「社会科の壁」へのつまづきを防止します 実は一番差がつくのは社会科!教師歴16年の須貝先生が教えます イメージ1
中一の「社会科の壁」へのつまづきを防止します 実は一番差がつくのは社会科!教師歴16年の須貝先生が教えます イメージ1

サービス内容

大人の方は思い出してください。 中学校一年生の数学や英語のテスト。 正の数負の数の足し算と引き算。 アルファベットと少ない単語と文法 どれもあまり差がつかず、「みんな100点」状態。 ちょっとした計算ミスや、ピリオドの付け忘れやスペルミスが命取り。 「99点で学年40位」みたいな点数のインフレーションが起こります。 一方、社会科はどうか。 最初のテストで「緯度、経度」「世界の古代文明」のように、最初が一番簡単という教科ではないです。むしろ、海外の事、大昔の事から話が始まるので、難しく感じる生徒が多いです。 すると中学校の最初の定期テストはこんな感じになります。 国語 100点! 数学 100点! 英語 100点! 理科 ?? 社会??? 理科と社会の2教科は、生徒によって結果に激しく差がつきます。 特に社会科は最初ほど生徒の「経験値の差」「関心の差」が点数や成績に直結する教科なので、計算ミスやスペルミスのレベルでなく、最初からチンプンカンプンという状態でスタートしてしまう生徒が多いのです。 別の見方から考えます。 勉強が苦手な生徒が得点を上げやすいのは、数学と英語です。2か月で30点アップのようなジャンプアップが比較的容易です(個人差はあります)。 社会科はどうか。30点アップさせるために4か月は欲しいです。 社会科を苦手な生徒はみな「何を分かっていないかが分からない」状態だからです。 つまり、最初の敷居が少し高く、遅れを取り戻しにくい教科が社会科です。 ー------------------- そこで、私が提供するサービスは、中学校の学習の最初の難関「社会科」の学習をスムーズに進めるためのオンライン家庭教師サービスです。 「中一から家庭教師」「社会科の家庭教師」 と聞くと、不要に感じる方もいるかもしれません。 しかし、入学前や中学1年生の段階において、学習の効率や効果、時間をかける価値は社会科が最も高いと言えます。 オンライン家庭教師サービスを通して、次ような利点を提供いたします。 〼学習において最も差のつく社会科でつまづくことなく、スムーズな中学校生活のスタートを切ることができます。 〼先々にかける余計な復習の時間を減らす、先行投資をすることができます。 ご質問やご相談はDMで受け付けますので、ぜひお気軽にご相談ください。

購入にあたってのお願い

ご購入の前に、まずはDMでご相談下さい。 その際に以下の事を教えていただけると、その後のやりとりがスムーズです。 ①生徒さんの年齢 ②性別 ③(もしすでに中学校のテストを受けたことがある人は)だいたいの社会科の点数 ★★★料金に関しては、こちらの簡単なお願いを聞いていただける方には値引きいたします(お願いは本当に難しくないです)★★★ その他含めて、お気軽にご相談下さい。