カテゴリから探す

定年後どんな暮らしをするの?高齢の親が倒れたら、どうすればいい?超高齢社会の歩き方を伝授します。

500

5ポイント(1%)獲得

この出品者は最終ログインから時間が経っています。
  • 評価
  • 0
    販売実績数
  • 0
    現在お願い中
  • 残り 3
    無料お試し枠
  • 7
    お届けまで(予定)

サービス内容

私は2013年11月に57歳になります。あと3年で定年退職。身体はいたって元気。レベルの高い仕事もできるのに、再雇用となれば、給与は大幅ダウン。でも老後の備えをしてこなかったため、働かざるを得ません。
*定年退職までにどんな準備をしておけばよかったのか。
*定年後、どんな選択肢があるのか。
父親はすでになくなり、母は「おひとりさま」。
*親が認知症になったらどうすればいいのか。
*訪問介護・看護の制度がスタートしましたが、本当にだれもが「自宅で死ねる」ようになったのか。
定年退職して、おカネに余裕があれば趣味の世界に没頭したいという人は多いですが――。
*趣味だけで長い第二の人生を楽しく過ごせるのか。
*「居場所」はどこにあるのか。
将来不安はたくさんありますが、個々人によって、どうすればいいかという処方箋は様々です。個別具体的にお話をうかがい、一緒に解決策の糸口を探したいと思います。

購入にあたってのお願い

「高齢社会エキスパート」という資格は取得しましたが、いろいろなケースを知り、解決策を探ることが、本当のエキスパートになる道と考え、お悩み、疑問をうかがい、一生懸命、お答えすることにしました。
一般論でできる話は多いのですが、個別具体的な話となると、地域によっても、その人の経歴によっても様々です。
ですのでお話をうかがった後、「その地域ではどうなのか」「そういう条件の人はどうなのか」ということを調べる必要がありそうです。ですので、お答えするのには時間と手間がかかると思います。
また、ある程度、具体的に悩みや疑問をお話いただけないと、回答も一般論にとどまらざるを得ません。
ですので、まずは一般論でお答えし、その場合は、無料にしたいと思っています。

一言PR

父ががんで亡くなる前、終末医療対応の病院を探しまわったこと、母ががんで入院したこと、そして自分自身が間もなく定年退職を迎えることなど、いろいろな体験をする中で少子高齢化問題に関心を持ちました。「理想の長寿社会」とは程遠い今の超高齢社会を、ぜひ改革したいと思います。その第一歩です。

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス