持続化補助金 令和2年度実績報告書案を作成します

プロ診断士が対応!不備ループ回避!いち早く補助金をゲット!

物品配送可能
評価
-
販売実績
0
残り
1枠 / お願い中:1
持続化補助金 令和2年度実績報告書案を作成します プロ診断士が対応!不備ループ回避!いち早く補助金をゲット! イメージ1
持続化補助金 令和2年度実績報告書案を作成します プロ診断士が対応!不備ループ回避!いち早く補助金をゲット! イメージ1
提供形式 ビデオチャット打ち合わせ可能
お届け日数
7日(予定)
業種
職種

サービス内容

実績報告は補助事業終了後1か月以内に報告しなくてはなりません。 実績報告には様々な報告フォーマットがあり、一部でも漏れると不備となり、審査の待ち行列の最後に追いやられます。 不備を修正報告しても、再度不備指摘があれば、入金まで半年以上かかる恐れもあるのです。それどころか、最悪のケースでは交付決定が取り消され、補助金がもらえなくなることもあり得ます。 そんな手間暇のかかる実績報告書の作成を補助金のプロの中小企業診断士がサポートします。 経営者が日々の仕事をしながら、手間のかかる補助事業の完了・実績報告書を作成することは厳しいことと思います。むしろその稼働を本業にまわしていただきたい、そのためのご支援をするためにメニュー化したのがこのサービスです。 【金額】 ※表示料金は最低料金です ※経費区分が11個以上ある場合は追加金をお願いします。 ・11-15個 +5,000円 ・20個未満 +15,000円 ・20個以上 +25,000円 まずは相談、見積依頼をお願いします。 【作成物】 ・様式第8 「実績報告書(案)」の作成 ・様式第8別紙5 「経費支出管理表(案)」 ・様式第11‐2「取得財産等管理明細表(案)」 ・様式第7「収益納付に係る報告書(案)」 ・証拠書類の不備チェック一覧および不備修正ポイント ・事務局対応のアドバイス ※上記様式以外の、見積書、発注書、納品書、完了報告書、請求書、支払証跡などの必要証拠書類はお客様にてご用意いただきます。 【購入後の流れ】 ①発注者:トークルームにて基本情報のご連絡及び以下の資料をご提出   ・交付決定通知書   ・申請時に提出し申請書一式   ・証拠書類 ※ビデオチャットにて用意いただく証拠書類等の解説をいたします ※完了報告書作成には領収書等の証拠書類を紙・PDF等で送付ください。  量が多い場合は郵送にてお願いします(送料お客様負担。当方から返信する場合は着払いで送付します。) ↓ ②当 方:頂いた基本情報と資料を確認し補助事業完了報告書等(案)を作成 ↓ ③発注者:報告書(案)の確認 ↓ ④当 方:確認して頂いた内容を元に補助事業完了報告書を完成 ↓ 納品完了 ↓ ⑤発注者:最終版のPDFファイルを印刷の上、必要箇所に押印をおす。 ↓ ⑥発注者:補助金事務局へ送付

購入にあたってのお願い

・ビデオチャットの確認をお願いします。 https://coconala.com/pages/guide_video ・補助事業終了する前でもご相談を承ります ・補助事業終了日から1週間以内にお申込みください。補助事業終了日から1か月以内に実績報告するスケジュールを考慮すると、数週間経過してのお申込みでは間に合わない恐れがあります ・証拠書類は原則として全て揃った状態でお申し込みください。  (見積書、発注書、請求書、納品書、クレカ支払証跡、口座引き落とし証跡等) ・完了報告書作成には領収書等の証拠書類を画像またはPDF等で確認する必要がありますのでご対応をお願い致します。 ・申請された補助事業計画にない支出等を希望される場合は変更届を提出下さい。  補助金事務局から変更の承認を得られないものはお受けできません。 ・【購入後の流れ】の②の以降でのキャンセルはできませんので、ご了承ください。 ・最終的に交付金額を決定する権限は補助金事務局にあります。事務局の審査によっては希望に添えない結果になる可能性があります。 ・補助事業完了報告書の提出は事業者様が各自で行ってっいただきます。

有料オプション