迷えるゴルファー、ゴルフを始めたい人へのアドバイス

  • 評価
  • 0
    販売実績数
  • 0
    現在お願い中
  • 残り 9
    無料お試し枠
  • 1
    お届けまで(予定)

サービス内容

オンラインゴルフレッスン、出張ゴルフレッスンを展開するGSMLab.Japanでは、ビデオチャットを利用して、オンラインにてゴルフレッスンを実施しています。
従来のゴルフレッスンは、曜日を決めて、決めたクラスに生徒が1人でも10人であっても支払う金額は同じです。
パーソナルレッスンで徹底的に見てもらいたい。仲間を集めてサークル活動のようにレッスンを受けたい、練習中やコースラウンド中に少しでもいいからアドバイスを受けたいなどゴルファーの意見を取り入れ、面倒な手続きをできるだけ省き、お気軽、お手軽に低価格で受講できるビデオチャットを利用したオンラインレッスン、レッスンに通うのは気が引けるゴルファーのための、コーチが指定先まで出張するリアルレッスンなどをご用意、特典としてゴルファーが撮影したスイング画像を解析するデータ解析サービスもあります。

購入にあたってのお願い

レッスン受講方法
オンラインゴルフレッスンの場合
GSMLab.Japan公式ウェブサイトのレッスン申し込みページより、お試しワンコインオンラインレッスン受講希望と希望日時、受講人数を明記の上、送信ください。
受講方法詳細は公式ウェブサイトにてご確認ください。
その他のオンラインゴルフレッスンも多数ご用意しています。

ゴルフ出張レンジレッスン、コースレッスンの場合
GSMLab.Japan公式ウェブサイトのレッスン申し込みページより、必要事項をご記入の上、お申し込みください。

レッスン料金のお支払い方法
GSMLab.Japan公式ウェブサイトのサービスページにて詳細を記載してありますので、ご確認ください。
ホームページ:http://gsmlabojp.jimdo.com/
Facebookページ:https://www.facebook.com/gsmlabo/

一言PR

GSMLab.Japanが考えるレッスンは、『稽古』です。
稽古の語源は、「古を考える」で、昔のことを調べ、今なすべきことは何かを正しく知ることです。
問題解決には、早期発見と適切な処置が必要不可欠です。
日本古来の精神「守・破・離」を継承、メンター的な存在を目指します。

よくある質問

ゴルフレッスンの団体は、どんな団体ですか?!
ゴルフレッスン団体は、独自の理論を掲げ、その団体に所属するインストラクターやコーチに指導方法を提供しています。
一般的に知られているのは、公益社団法人である日本プロゴルフ協会です。日本ゴルフツアー機構が出来るまでは、プロフェッショナルゴルファーの資格は、日本プロゴルフ協会が、資格取得試験を行い、規定に達した人に対し、発行していました。
日本以外の他国には、プロゴルフツアー出場に、資格と言われる存在はなく、Qスクールといわれる予選会を通過すれば、出場資格が与えられました。日本のプロツアーも1999年に日本ゴルフツアー機構が設立され、それに倣いました。
現在は、プロゴルフツアーはゴルフ機構が管轄し、ティーチングプロは、プロゴルフ協会管轄となり、ティーチングプロと名乗れるのは、日本プロゴルフ協会が実施する資格試験に合格した者だけです。しかし、ゴルフのレッスン界で活躍する多くは、他の団体所属です。
ゴルフのレッスンはどこのスクールでも同じですか?
結論から言えば、どこのスクールでも大差はないでしょう。
ゴルフスクールを選ぶ基準をどこに設けるか、ゴルファーのスクールに通う目的は何?かによって変わると思います。PGA公認スクールを始め、多くのスクールでは、独自のカリキュラムを作成して、スクール運営を行っています。
各スクール団体の歴史、実績がカリキュラムに反映されてますので、ゴルフスクールを事業として確立した沿革を見れば、ある程度判断が可能と思います。アメリカのNGF(米国ゴルフ財団)が設立されたのが、1936年。NGF FAR EAST設立は1978年で、ゴルフ指導者養成を目的として、NGF日本ゴルフ財団が設立したのは、1983年になります。一方で日本プロゴルフ協会は、1957年設立で、1985年にインストラクター資格認定制度を発足させています。アメリカのNGFは1970年代から全米各地でインストラクターセミナーを開催しています。

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス