なかなか就職が決まらないお子さんへの接した伝えます

就職活動を頑張っているお子さんにどう接して良いか不安な方へ

評価
-
販売実績
0
残り
3枠 / お願い中:0
なかなか就職が決まらないお子さんへの接した伝えます 就職活動を頑張っているお子さんにどう接して良いか不安な方へ イメージ1
なかなか就職が決まらないお子さんへの接した伝えます 就職活動を頑張っているお子さんにどう接して良いか不安な方へ イメージ1
なかなか就職が決まらないお子さんへの接した伝えます 就職活動を頑張っているお子さんにどう接して良いか不安な方へ イメージ2
なかなか就職が決まらないお子さんへの接した伝えます 就職活動を頑張っているお子さんにどう接して良いか不安な方へ イメージ3

サービス内容

真面目に就職活動に挑んでいても、 なかなか就職先が決まらないお子さんに対して、 どのように接して良いか不安を抱かれている親御さんが、 増えています。 <お子さんの変化を見逃さない> ●これまで就職活動の状況を話してくれていたのに、  急に話してくれなくなった…。 ●私の『強み』とか『得意なこと』って、  なんだっけ…、と聞かれた。 ●私の『好きなこと』、『やりたいこと』って、  昔なんて言っていた…、  と尋ねられた。 ●私は、会社や社会から必要とされない人材なのかな…、  と呟かれた。 これらの徴候が現れた際は、 就職活動の特定の段階において、 躓かれている可能性があります。 <なかなか就職が決まられないお子さんへの接し方> お子さんの就職活動の段階ごとに、 悩みとそれに対応する接し方、アドバイスの仕方は、 異なってきます。 例えば、 ●エントリーの段階で躓いているケース ・エントリーシートへ書いた経歴等と  企業が求めている人材像とかけ離れていないか。  ↓  かけ離れている、と感じた場合、  お子さんの「自尊心」を傷つけずに、  接すことが求められます ●面接で躓いているケース ・受けている会社の「カラー」と  お子さんの経歴がマッチしているか。  ↓  マッチしていないと感じた場合、  お子さんの「主体性」を折らずに、  なぜ面接で躓いているかを、  伝えることが求められます。 <原則19:00~22:00の間でサポートします>  ※状況により即座に返信できない時間帯もあります。 <2週間・何度でも相談可能です> ・チャットでの相談は、  毎日19:00~22:00の時間帯で、  2週間、何度でも相談可能です。  2週間=3,000円となります。  期間中はメッセージ数に制限なく、  サポート致します。 <自己紹介> 「就職氷河期」に新卒就職活動を経験。大手企業社を中心に30社強から「不採用」通知を頂戴するも、運よく、人事労務管理を専門領域とする研究機関に就職する。自身の辛い経験から新卒者の就職活動について研究する一方、カウンセリングの資格を取得し、新卒者の就職相談のサポート活動も行う。 所属機関の採用担当者として、採用の“現場”において、知識を実践で応用している。 大学の非常勤講師として「キャリア形成論」講座も担当。

購入にあたってのお願い

現在、人事労務管理を専門領域とする研究機関にて正社員として勤務しているため、チャット相談は原則として19:00~22:00の間とさせて頂いております。 日によっては、返信までのお時間を少々頂く場合もございます。