株式投資!底値買投資法いちろうの法則実績公開します

株式投資の極意は「安い時に買って高くなったら売る」只それだけ

評価
-
販売実績
0
残り
20枠 / お願い中:0
  1. 提供形式
    テキスト
  2. お届け日数
    3日(予定)

サービス内容

いちろうの法則とは【2021.4.23】 テクニカルの考え方によって底値と判断された銘柄を売買する逆張りの手法です 100~300円の低位株を対象とし スクリーニングという手法により 3つの指標によって直近1か月間の株価(終値ベース)を使い 底値と判断された銘柄を抽出します 更に、4つの業績数値を使い、4つ(ABCF)のランクに分け できるだけ優良銘柄を売買し、安全な投資を実施します スクリーニングは某証券会社の機能を使います 終値に対して発生した銘柄を翌日の始値で仕込み 仕込んだ株価から15%上昇した時点で利食い手仕舞いとするものです この15%利食いは1999年当時の株式相場売買実態から設定しました 粗利で10%、売買手数料2%、所得税3%で15%です 当時の証券会社の手数料は今のネット証券とは異なり非常に高額でした 今のネット証券の手数料を勘案すると13%が妥当ではないかと思います いちろうの法則は1999年11月から法則を運用し、2021年3月23日現在 延べ10015銘柄について検証を重ねてきました 抽出された銘柄の実力については私のブログでご確認いただけたら嬉しいです いちろう銘柄の直近のデータ(2021)と過去2年間(2020・2019)のデータを公開いたします データついてはエクセルファイルでのご提供になります

購入にあたってのお願い

私どもが20年以上培ってきましたいちろうの法則の実績となります 内容は以下のとおりです 法則によって抽出された全データ(2019・2020・2021) エクセルファイルでのご提供です