一時支援金の事前確認をします

登録機関の行政書士が対応します

評価
-
販売実績
0
残り
5枠 / お願い中:0
  1. 提供形式
    ビデオチャット
一時支援金の事前確認をします 登録機関の行政書士が対応します イメージ1
一時支援金の事前確認をします 登録機関の行政書士が対応します イメージ1

サービス内容

一時支援金の事前確認をいたします。 対象の業種は広く、 1月〜3月の緊急事態宣言地域内のアパレル、学習塾、教室、小売店、美容室など対面での業種の方は 多くの方が1〜3月の緊急事態宣言による自粛の影響を受けているのではないかと思います。 さらに今年の1〜3月の売上が50%以上減少している方は対象となる可能性が高いです。 以下の給付対象をご参考にしてください。 【給付対象】 次の①と②を満たす事業者は、業種や所在地を問わず給付対象となり得ます。 ①緊急事態宣言(2021年1月〜3月)に伴う飲食店時短営業または外出自粛等の影響を受けていること ②2019年比または2020年比で、2021年1月、2月または、3月の売上が50%以上減少 詳しくはこちらからご確認ください。 一時支援金事務局HP https://ichijishienkin.go.jp 【事前確認の料金】 個人事業主:11,000円 法人:22,000円 こちらは事前確認のみの料金です。申請はご自身で行なっていただきます。 申請代行をご希望の方は追加料金にて行なっております。お伝えください。 当事務所は一時支援金事務局よりお客様に支援金が振り込まれるまでを確認してから トークルームをクローズ致します。 そのため、事前確認中や、申請中に対象外と分かった場合には料金は頂いておりません。 その場合は不給付通知書等をご確認させていただきます。 【事前確認に必要な書類】ご用意ください。 ・本人確認書類(運転免許やマイナンバーカードなど) ・履歴事項全部証明書(法人のみ) ・確定申告書の控え 収受印のついたもの (個人:2019年と2020年分  法人:2019年1月〜2020年3月までの期間に含む全て) ・2019年1月〜の帳簿書類(売上表・領収書・請求書等) ・2019年1月〜の事業取引を記録している通帳 ・宣誓・同意書(自署したもの) 土日や祝日も対応可能となっております。 申請は2021年5月31日までとなっていますので、対象の方はお気をつけください。 【購入にあたってのお願いを必ずお読みください】 よろしくお願いいたします。

購入にあたってのお願い

・こちらは事前確認のみ行い、申請はご自身で行なっていただきます。  申請代行をご希望の方は追加料金にて行なっております。始めにお伝えください。 ・事前確認は「事業を実施しているか」「一時支援金の対象を正しく理解しているか」を  確認するためのものです。事前確認を持って必ず給付されるものではございません。  事前確認の中で対象外と分かった場合には取引をキャンセルさせていただきます。 ・経済産業省HPより「緊急事態宣言の影響緩和に係る一時支援金の詳細について」の  資料を必ず全てお読みください。  https://www.meti.go.jp/covid-19/ichiji_shien/index.html ・一時支援金事務局HPより仮登録を行い申請IDを発番し、こちらへお伝えください。 よろしくお願いいたします。

有料オプション