物販を行っている方へ 利益の計算を代行いたします

外資系企業の財務部門で収支管理を担当していた私が行います

評価
-
販売実績
0
残り
5枠 / お願い中:0
物販を行っている方へ 利益の計算を代行いたします 外資系企業の財務部門で収支管理を担当していた私が行います イメージ1
物販を行っている方へ 利益の計算を代行いたします 外資系企業の財務部門で収支管理を担当していた私が行います イメージ1
物販を行っている方へ 利益の計算を代行いたします 外資系企業の財務部門で収支管理を担当していた私が行います イメージ2
物販を行っている方へ 利益の計算を代行いたします 外資系企業の財務部門で収支管理を担当していた私が行います イメージ3
  1. 提供形式
    PDF・各種定型ファイル ビデオチャット打ち合わせ可能
  2. お届け日数
    要相談
    用途

サービス内容

実は物販で儲からない理由 ナンバーワン 売っても売ってもお金が残らない・儲からない もしかして・・・販売価格を間違えてませんか? 損益分岐点、把握してますか? 「損益分岐点」とは、簡単に言えば、 「売上から仕入れ価格と経費を引いた金額」が 赤字になるか、ならないかの分岐点のことです。 これを分かっておかないと、「利益が残らない」「儲からない」 最悪は「売れば売るほど赤字!」なんて事も普通にありえます。 副業ブームの到来で、自分の売りたいものを形にして販売する。 輸入してネットショップで売る、オリジナルロゴをプリントして販売など、 国内EC(物販)市場は、ここ5年で約1.5倍の規模に拡大。 物販事業を始める方は急激に増えています。 しかし、物販事業では、 ホームページ制作や機材代などに初期費用として何十万円も使った上、 その後も毎月維持費などがかかるにも関わらず、収支計画が不十分なために、 結果として利益が出ず赤字になっている場合も多いのが現状です。 最悪、経営が破綻してしまう恐れすらあるので、 損益分岐点を知ることは、とても重要です。 かと言って、自分でその計算をするのは面倒なものです。 そこで、そんな物販事業を行う方の手助けをするため、 国立大学大学院の数学科を卒業し、 外資系企業の財務部門で収支予測の実務経験もある、私、前田が、 損益分岐点の計算や、それに関連するお手伝いをさせて頂きます。 (価格設定を変えた場合の収支シミュレーションなど) 何十万円、何百万円もの損失が発生してしまうのを防ぐためにも、 損益分岐点を正しく把握することは、非常に重要です。 (※なお、このサービスは、あくまで損益分岐点の計算や、それに関連する説明を行うものです。 業界の相場などがありますので、最終的な仕入れ個数や価格決定などの判断は、各自で行っていただいております。) まずはDMなどで、お気軽にご連絡ください!

購入にあたってのお願い

売っている商品や必要経費など、事前にお知らせいただけると、スムーズに進みます。