これから結ぶ契約書のリーガルチェックを承ります

契約後、知らなかったではあなたの事業が不利になってしまうかも

評価
5.0 (4)
販売実績
4
残り
4枠 / お願い中:1
これから結ぶ契約書のリーガルチェックを承ります 契約後、知らなかったではあなたの事業が不利になってしまうかも イメージ1
これから結ぶ契約書のリーガルチェックを承ります 契約後、知らなかったではあなたの事業が不利になってしまうかも イメージ1
これから結ぶ契約書のリーガルチェックを承ります 契約後、知らなかったではあなたの事業が不利になってしまうかも イメージ2
これから結ぶ契約書のリーガルチェックを承ります 契約後、知らなかったではあなたの事業が不利になってしまうかも イメージ3
  1. 提供形式
    制作物 (+テキスト打ち合わせ) ビデオチャット打ち合わせ可能
  2. お届け日数
    3日(予定)
    用途

サービス内容

契約書を交わすことは事業のスタートでありとても重要な行為です。 そして契約は、その期間中は相手との関係をも支配してしまうものです。  それはよくわかっているはずですが、先方からいただいた契約書の内容を大して確認もせずに契約を結んでしまったことはございませんか?  契約書は、契約を結ぶ双方の法律となるものです。その契約書は、民法や商法などの法律に則して作成されます。その意味では当然双方平等であることが当然かと思われます。それはその通りですが、時には基本法である民法などの範囲内、又はほんの少しだけ超えて、作成側に有利な契約書になっていることもございます。  そのため、トラブル等が発生した時、契約書を確認したら「すべてこちらの責任か!!」と契約書の不公平さに後から気づいてしまうということもございます。そのような事態にならぬよう、また、トラブルが起きても被害を最小限にするよう契約前に契約書の検討は非常に重要なことなのです。  当事務所の契約書のリーガルチェックでは、以下の二つの視点から検証いたします。 ① 民法や商法などの基本法に則した契約書であるか(各条文を丁寧にチェックします)。 ② ご依頼いただいた事業主様や会社様にとって不利な内容となっていないか。  これらの視点からお預かりする契約内容をチェックさせていただき、報告書として提出させていただきます。  ご依頼主様にはそれらをご確認及びご検討いただき、先方との契約にあたり修正等の参考にしていただき、御社にとって、できるだけ有利に、又は平等なご契約を結ばれることを最大の目的としています。

購入にあたってのお願い

ご購入いただく前に「見積り・カスタマイズのご相談」にて契約書の種類と枚数をお教えください。また、その際にその他気になることや重点的にチェックをしてもらいたい部分などご要望がございましたらお申し付けください。 サービス価格は契約書1枚につきの金額になっています。ご相談いただいた後、価格をお伝えいたしますので、枚数によってオプションをご購入いただきます。  あまりないこととは思いますが、難解な内容によっては、ご依頼主様とご相談の上オプションをご購入いただくこともあるかもしれませんのでご了承くださいませ。

有料オプション