京産大と大経大の公募推薦の英国入試対策を助言します

11月に行われる公募推薦(文系)の勉強方法と過去問題について

評価
-
販売実績
0
残り
3枠 / お願い中:0
  1. 提供形式
    テキスト
  2. お届け日数
    要相談
    ジャンル
    用途

サービス内容

私の子どもが京都産業大学と大阪経済大学の2020年公募推薦入試を受験しました。一年二年時は進学校授業に全くついて行けず、三年時のコロナ禍の自宅学習期間も受験勉強が進まず、親子で勉強を始めたのが6月からでした。英語と現代文のマークシートでの受験に絞り英語を中心に6月から10月まで5ヶ月、子どもなりに一緒に勉強に励みました。しかし結果はどちらも不合格。その後、一般入試に切り替えますが一般入試は3科目入試が多くあれだけ中学時に得意だった歴史も過去問題は全く点数が取れません。古文も当然勉強しておりませんので点数が取れない。それでも3科目入試と英国2科目で受験できる方法を探して上記のどちらも合格が出来ました。成績開示を申請し公募推薦の5回分の点数、一般入試の成績を確認しました。自己採点もしておりますので合格最低点との差を確認して驚くことばかりです。もう少しテクニック的なことで点数を稼いでいれば、という後悔と出来ないなりに頑張ったな、という安堵とを感じています。過去問は公募推薦、一般入試ともそれぞれ15~20回分行っていますので成績開示情報とその点数をお伝えすることが出来ます。それと6月からスタートした英語と国語の有力なテキストとその他勉強したことを開示したいと思います。受験アドバイスをやり取りさせてもらい、ご本人様、親御様への来年度の受験合格を勝ち取ってもらうよう致します。その他、京都外国語大学へも合格しましたのでその辺りのアドバイスも可能です。子どもは全国模試で最後までE判定でした。でも合格することがありますので賭けになるかもしれませんが一転突破でこういう受験対策もあるということをお伝え致します。このレベルの大学になると予備校も塾も中途半端で役に立たない場合があります。勉強ができる子は先生の話を聞いて点数を上げて行くことが出来ますが、私の子どものように授業を聴いてもその後にどうして良いかわからないことが多いです。毎日、数時間でもやることを決めて進めることが大事だと思いますので、そのやることとしてオススメする参考書なども紹介致します。 ちなみに親の私も二十数年ぶりに英語と現代文を勉強し京産、経大の問題は8割5分以上の正答率、関大立命館の英語は七割を越えるところまで点数が上がりました。

購入にあたってのお願い

私ができることは上記大学へ子どもと一緒に勉強しました方法、偏差値は全く上がりませんでしたが一転突破で英語と現代文を集中的に勉強し辛うじて合格した方法です。成績開示が出来た数値(素点ではありません)。過去問題をした際の点数(素点)約10年分(京都産業大)。大阪経済大学約4年分10回分。使用した参考書(英語、現代文)。テクニックとしてどの学部が通りやすいか、過去の入試統計をみて活用した方法等です。

有料オプション