歌ってみたミックス(お手軽コース)承ります

DTM歴20年以上のエンジニアをそろえております!

評価
-
販売実績
0
残り
5枠 / お願い中:0
歌ってみたミックス(お手軽コース)承ります DTM歴20年以上のエンジニアをそろえております! イメージ1
歌ってみたミックス(お手軽コース)承ります DTM歴20年以上のエンジニアをそろえております! イメージ1
  1. 提供形式
    制作物 (+テキスト打ち合わせ)
  2. 商用利用
    著作権譲渡
    無料修正回数
    無料修正なし
    お届け日数
    7日(予定)
    ジャンル
    用途

サービス内容

お手軽1000円お試しコース ミックス:1トラック(1本のみ)+お好きなエフェクト1本+ピッチ補正+マスタリング (お試しコースはリテイク不可です) 歌を録音する際の注意点 1.生活音が大きい場所や部屋の反響がひどい環境は極力避けましょう。 エアコンなどの音でもノイズの原因になるので歌を録音する際には消すようお願い致します。 部屋の反響がひどい場合は、歌うときに声があたる壁や、マイクの少し後ろ側に音を吸収してくれるような布製品を掛けておくのも効果的です。 カーテンの前で歌うのも良いでしょう。 余裕があればリフレクションフィルターの購入を考えても良いでしょう。 近所にレンタルスタジオがある方は、1~2時間スタジオを借りて歌うのもひとつの手ですね! 2.音をクリップさせないようにしましょう 録音の音が0dB(デシベル)をこえてしまうとクリップして、音が割れて歪んでしまいます。少しであればMIXの段階で修復することも可能ですが、そうなると勿論音質も悪くなります。 録音をするソフトやアプリには、メーターや波形を表示出来るものが殆どだと思います。 メーターであればクリップするとメーターの先が赤色(ソフトやアプリによって色が違う場合があります)に表示されるので、一番声をはった時にメーターの先が赤色になっていないか確認してみましょう! 波形が表示されるものであれば、一番声をはった場所でギザギザの波形の尖った部分がまっすぐ切れたようになっていないか確認してみましょう! DTMなど使って録音される方はdB(デシベル)の表示があるので、曲の中で一番声をはるところを一度歌って見てピークが-10dBから、いっても-5dBに抑えるようにしましょう。

購入にあたってのお願い

キャンバスは、皆さんと共に楽しく音楽活動をしていきたいと考えています。 そのためには、お互いへの配慮が大切になります。 皆さんの音楽をより良い状態で提供するため、こちらからお願いすることがあるかもしれません。 私共も精一杯の配慮をしていく所存ですので、その際はご理解とご協力をお願いします。