契約先のコンプライアンスをチェックします

反社チェック国内、海外 匿名でお受けします

評価
-
販売実績
0
残り
5枠 / お願い中:0
契約先のコンプライアンスをチェックします 反社チェック国内、海外 匿名でお受けします イメージ1
契約先のコンプライアンスをチェックします 反社チェック国内、海外 匿名でお受けします イメージ1

サービス内容

標準的な反社チェック:公知情報の検索 上場企業をはじめ、多くの企業は以下手段を組み合わせて対策を行っています。 ※異なるデータソースを検索することで調査が補完されるという考えのもと、2つ以上の手段で反社チェックを実施することが推奨されています。 インターネット上の情報を検索する (Google・Yahoo検索、RISK EYESなど) 新聞記事データを検索する (日経テレコン、G-Search、RISK EYESなど) 公知情報より独自で収集した反社会的勢力情報データベースを検索する (エス・ピー・ネットワーク社提供) 企業のコンプライアンス(法令遵守)・社会的責任(CSR) 法令順守はもちろんのこと、広く社会規範を順守すること、また、積極的に反社排除の役割を担うことは企業の社会的責任において重要です。 特に2011年までにすべての都道府県で施行された『暴力団排除条例』では、企業に対して下記努力目標が課せられました。 契約時に相手が暴力団関係者でないことを確認すること 契約書に暴力団排除条項を盛り込むこと 暴力団関係者に対する利益供与の禁止 参考:東京都暴力団排除条例の概要 https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kurashi/anzen/tsuiho/haijo_seitei/haijo_jourei.files/gaiyo.pdf 〝反社チェック〟が大変なワケ 「コンプライアンス」「IPO準備」「取引先チェック」・・・ こんなお悩みはありませんか? ネット検索だけでは信憑性が心配だ 新聞記事を検索しても、古い記事では人物名が匿名化されていて、探しきれない 一般の記事もヒットしてしまい、記事を探すのが大変だ 検索対象の人数が多いと、検索に手間がかかる

購入にあたってのお願い

下記お伝えください。 社名: 代表の氏名: 法人の住所: コンプライアンスサーチでは、以下のデータベースのなかから、人物や企業を個別に検索することができます。もちろん、一括でチェックすることができます。 PEPs(政治的影響力のある人物) 現在の制裁情報 過去の制裁情報 金融規制情報 行政処分(法的措置) 解任された取締役データベース 破産情報 ネガティブ記事 登記情報