カテゴリから探す

受験に備え,小学生時代に身に付けたいこと教えます

大学、高校受験、AI社会を見据え、今だからこそ伝えられること

5.02件) 販売実績:6
現在お願い中:1 残り受付枠:4 お届けまで:2日(予定)
500

5ポイント(1%)獲得

サービス内容

「将来は国公立大学に入ってね」 大学?そんな、まだ早い・・いえいえ そうなるための素地は小学生時代、十分培われます。
現在国立大の入試改革が審議されており、将来は学力だけでなく、多面的、総合的に評価するため面接や論文も重視されると考えられます。
純粋に学力一辺倒の現行の一般試験だけでは対処できなくなるからこそ、このレポートはきっとお役に立てるのではと思います。

国立大受験は全国区での熾烈な戦い、合格することは簡単ではありません。
さらに近未来、半数の職でAIが代替し、なくなると言われています。それに備えて身に付けたいことも、講座へ参加したり本などを読み、感じたことを加筆しました。

私は教育専門家ではないし、ずぼらな方なので手の混んだこともできません。
子どもは公立高校を経て、通塾も受験前の約半年間、雰囲気に慣れるため通ったのみ。

そんな普通の親、財力も学力も、普通の子ども、まさに我が家のような家庭で、国立大に入れたら、またAIと共存できる職業について欲しいという希望を持つ親御さんへ、お子さんが小さい時にやっておいたほうが良いと思ったことをお届けいたします。



購入にあたってのお願い

2012年に理系国立大にご縁をいただきました。 
その経験を踏まえて、今だから語れる小中学時代に「やってよかった」「こうすればよかった」 

ご購入後、レポートを「PDFファイル58ページ」をメッセージに添付してお届けいたします。
目次
将来は国立大に入ってくれたらなぁ  国立大学受験は簡単なことではない
幼児期は光、土、水で育つ       小学生で実体験したいこと
愛情かけてお金はかけない       その習い事、本当に必要?
いじめ回避に一役買う習い事学    習意欲を高めるモチベーション
秋田県学力第一位の理由
小学校時代で身に付けたい勉強内容   勉強する場所と親の関わり方が今後モノを
高校受験で重視される項目       中高一貫校のメリット 
「その後」のことを考えて高校選び   塾がおおっぴらに言えない事
反抗期、このやっかいなもの      最後に・・・もしもう一回子育てするのなら・・・

AI社会到来で今後半数の職がなくなる 今のうちに身に付けたいこと

一言PR

小学校時代はまだ子どもは親と一緒に行動してくれます。
しかし中学に入ると、子どもも部活など忙しくなるし、反抗期になり、だんだんコントロール不能になってきます。
小学生の今こそ時間を共有しましょう!後々楽になることは確かです。
私も小学生の子どもに実践中です、一緒に頑張りましょう!

よくある質問

レポートはどのように受け取れるのですか?
レポートはPDFファイルで 58ページ 約1.4MBです。

このファイルをトークルームでのメールに添付してお届けいたします。

評価・感想(2件) 5.0

読み込んでいます...

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス