中国語圏(中国、台湾、香港、シンガポール)留学カウンセリング

500税別

27ポイント(5%)獲得

  • 評価
  • 0
    販売実績数
  • 0
    現在お願い中
  • 残り 3
    無料お試し枠
  • 要相談
    お届けまで(予定)

サービス内容

*留学先の大学決定に関するカウンセリング。
*キャリア育成に関する留学先大学の決定。
*留学準備に関するアドバイス。
*留学先での生活に関するアドバイス。
*留学までの語学学習等に関するカウンセリング。

購入にあたってのお願い

*標準語(普通话,いわゆる北京語)を話せる様になるには、どの大学に、どのように留学するべきか?、など、簡単な事でも、お気軽にご相談ください。私も中国語留学経験者です!

一言PR

*東京外大→北京语言大学留学の経験を活かし、実際に役立つ情報を提供致します。

*留学先の決定から、留学に関するささいな質問、疑問など、お気軽にご相談ください!

よくある質問

今、中国語圏に留学するメリットは?
単に近くて便利という事から始まり、アジアでは中国語圏の大学が伸びている。中国だと北京大学、清华,复旦。香港だと中文大學,科技大學,シンガポールの國立シンガポール大學,理科大學など。
語学留学と本科(例えば、法学部への留学)留学の違いは?
どちらも基本的な中国語の理解が必要であるが、本科は、HSK(汉语水平考试などの資格が義務付けられている。北京大学など、いわゆるレベルの高い大学には、高い資格が必要。
留学をキャリア形成にどう活かすか?
留学生同士のネットワークを作るのは、非常に有効。また、北京、上海などは、外国からの(日本以外の)留学生が多い。北京や上海自体が、ある意味で東京以上に国際化している。また、例えば同じ株のトレーダーなら、今一番稼ぐのは、英語と北京語を話すトレーダーだ。
普通话を学ぶには?
普通话は、理論的には共産党政府が成立して以降、作られたいわば人工言語で、純粋な普通话というのは、ニュースキャスター資格話さない、と言われるほどだ。ただ、地域で言えば北京や東北の方が言語学的に似てはいる。
地方に留学するメリットは?
現地の言語を学べることだ。今はよほどの田舎でなければ、普通话を話す人間がいるし、授業以外にもテレビやネットのメディアで普通话に触れることができる。それ以外に例えば青岛なら、山东话がわかるようになる。語彙や文法はほとんど同じだ。また、中国人も、現地語を話す人間には親しみを感じるようだ。
今中国に留学するなら?
上海。复旦,上海交通,华东师范など、伝統的な名門校が多い。日本人、日本企業も多く、生活が便利。外国人が多いので、英語、上海語の習得もできる。日本との行き来も便利。ネックは、学費、生活費が高い。

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス