ポピュラー2

持病がある方の海外渡航トラブル回避法をご提案します

*海外麻薬分類処方薬やインスリン自己注射薬を持参予定の方へ*

500

5ポイント(1%)獲得

  • 評価
  • 0
    販売実績数
  • 0
    現在お願い中
  • 要相談
    お届けまで(予定)

サービス内容

ただいま夏休みキャンペーン中につき、通常価格1,000円のところ、半額の500円でご相談いただけますので、この機会に是非ご依頼下さい。

尚、9/1〜は通常料金1,000円となりますのでご了承ください。

出張、個人旅行、ホームステイ、留学…海外渡航の理由は様々だと思います。しかし近年、生活習慣病を始めとする何らかの持病を抱えてる方が増えているのも事実です。
持病を抱えながらの渡航には、特段の注意が必要です。

具体的に問題になるのは、睡眠薬(アメリカではデパスは麻薬該当)の使用や、インスリンの自己注射をなさっている方々です。

渡航の際の注意点や海外の出入国管理でトラブルをなるべく回避出来る方法をご提案致します。

有料オプション

このサービスには、500円のサービスに、プラスして「有料オプション」サービスが
付いています。
※購入したサービスがキャンセルになった場合は全額返金させて頂きます。

購入にあたってのお願い

まず、主治医に「英文診断書・処方箋」を書いて頂けるようお願いし、書いて頂けない場合に限りこちらへご相談下さい。

主治医の「英文診断書・処方箋」に代わり、トラブルを回避出来る可能性のある、薬剤(携行)証明書(medicine certificate)を入手する方法をご提案させて頂きます。

入手に当たっては一ヶ月前までに事前にトランジット(乗り継ぎ)も含む、渡航予定国を必ず全てご連絡下さい。

日本では全く問題ない処方薬でも、他国では麻薬扱いだったり、所持自体が禁止処方薬もあります。

「バレなければ大丈夫」などと安易な気持ちで持参渡航すると、持病で処方されている薬でも、入国管理で処方薬を没収され強制送還になることがある事をご承知おき下さい。

アジア諸国では処方薬が麻薬と判断された場合、国によっては最悪の場合、死刑宣告となったケースが存在するそうです。くれぐれもご留意下さい。

一言PR

海外渡航では言葉の不安だけでなく、持病がある方には処方薬を海外へ持参すると言うさらなる不安がつきまといます。
そんな方々の不安を少しでも取り除ければ幸いです。

尚、いただいた報酬はココナラ側の手数料を除き、こども食堂などに寄付させていただきますのでご依頼をよろしくお願いします。

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス