事業計画書作成代行【融資用】の事業計画書作成します

多くの融資や金融機関との折衝経験を基に融資の申請を支援します

評価
5.0 (2)
販売実績
3
残り
1枠 / お願い中:2
事業計画書作成代行【融資用】の事業計画書作成します 多くの融資や金融機関との折衝経験を基に融資の申請を支援します イメージ1
事業計画書作成代行【融資用】の事業計画書作成します 多くの融資や金融機関との折衝経験を基に融資の申請を支援します イメージ1
提供形式 ビデオチャット打ち合わせ可能
無料修正回数
2回
お届け日数
要相談
初回返答時間
1時間以内(実績)
用途
業種

サービス内容

豊富な融資の取り組み実績や実務経験をもとに、本格的な事業計画書を作成します。 金融機関に融資をお願いする際には、返済原資を担保する数値的な根拠が大変重要です。 つまり「返せるかどうか」が最も重要であり、その計算が成り立っているかどうかを確認され、それにより判断されることになります。 その際に最も説得力を持つのは「実績」です。 過去の決算書や試算表がそれにあたります。 ただし、以下のような場合には、実績による説明だけでは不十分な場合があります。 ・設立初期で実績が無い場合 (特に政策金融公庫などへの創業融資) ・これから全く異なるビジネスを展開する場合 ・規模が全く異なる大きなビジネスを開始したり、大型案件を受注する場合 上記のようなケースでは、「事業計画書」が大きな説得力を持ちます。 事業計画書で重視されるのは数値の部分であり、他の付随する資料はそれを裏付けるバックデータに過ぎないと言っても良いほどです。 いわゆるエビデンス(根拠となる資料)です。 そしてこの事業計画書の作成は融資の経験や会計知識が無いと、なかなか作成が難しい面があります。 本来は事業計画書は融資のためだけにあるものではなく、文字通り事業を進めていく際に必要となるものですが、中小企業の場合はそうも言っていられないのが現実かもしれません。 そこで、その作成を代行させて頂き、融資の審査をバックアップさせて頂きます。 また、内容についてはしっかりとヒアリングを行い、実態に合ったものを作成します。 金融機関の担当者様に、より詳細に「知っていただく」ことが重要です。 上司を説得するだけの資料を可能な限り提供すると言いかえてもいいです。 融資は錬金術などではありませんが、収益性をはじめとした将来性や、資金効率などを正しく知っていただけないために審査を通過できない事が非常に多いのも事実です。 わかりやすく詳細な資料を提供し、金融機関の方の理解を促進し、かつ負担を軽減することで審査通過の期待値を上げる必要があります。 さらに、金融機関との面談でどのような事を聞かれそうかなど、面談対策もあわせてケアさせて頂きます。 準備に準備を重ね、万全な状態で臨んでいただきたいと考えております。 融資により、得られる可能性の高い将来の収益や利益を取りこぼすことは大きな機会損失です。 是非ご検討ください。

購入にあたってのお願い

最低価格を5万円からとさせて頂いております。 こちらで勝手に「作文」するようなものではなく、複数回のヒアリングを行い実態に即した資料を作成します。 そのため、一定のお手間をとらせる面がございますがご了承ください。 また、業績などを偽装したり、実態とかけ離れた内容の資料作成などはいたしかねますので、その点もご理解頂けますと幸いです。