サービスを探す
出品者を探す
悩み相談 カウンセリング・コーチング 恋愛・結婚相談 キャリア・就職相談 暮らし・住まいの相談 不動産・税金・保険・ローンの相談 子育て・教育・受験の相談 健康・医療の相談 旅行・おでかけの相談 趣味・娯楽

誰にもわかってもらえない苦しみ、受け止めます

社会不安障害(SAD)で悩んでいる方へ

5.01 販売実績:2 残り:5枠(お願い中:0人)
  1. 提供形式
    テキストチャット
  2. アドバイス
    カウンセリング
    コーチング
    お届け日数 3日(予定)
    ジャンル
    • 人間関係
    • メンタル全般

サービス内容

なかなか他人には理解してもらえないHSPやSADならではのお悩みを聞かせてください。

わたしが社会不安障害と診断されたのは二十歳でしたが、人への恐怖心は幼稚園の時からありました。

今も完全に克服できた訳ではありませんが、だからこそ同じ病気のために独りで震えているあなたに「わかるよ」って言ってあげられたらいいな、と。

人前で話すのが怖い。

電話に出るのが怖い。

面接や会議のことを考えただけで眠れなくなり、震えや動悸が止まらない。

そもそも人に会うこと自体に強い恐怖を覚える。

社会不安障害(SAD)の生きづらさは、普通の日常生活を送っている周囲の人々にはなかなか共感してもらえませんよね。

「そんなの誰だって少なからず我慢してるんだから」

「この先、もっと辛いことなんて山ほどあるんだよ?」

「発表するのが嫌なんて、甘えてる」

ちがうのに。そうじゃないのに。
親や友達に相談する度、そんな言葉をぐっと飲み込んできたのではないでしょうか?

わたしもずっとそう言われ続けて、その度にひっそりと傷ついてきました。

社会不安障害は逃げや甘えなどではなく、れっきとした心の病気です。

その痛みや苦しみを本当に心から理解してくれるのは、家族でもお医者さんでもなく、同じ病気をもった人であるはず。

どんな些細なことでも構いません。
普通の人には些細なことでも、社会不安障害の人にとっては堪らなく苦しくて逃げ出したくなるような苦行が、世の中には溢れていると知っているから。

溜め込んできた悩みを吐き出したら、自分だけじゃないと知れたら、きっと昨日より気持ちが軽くなるはずです。

すべて読む

購入にあたってのお願い

どんなことでも構いません。
サービスをご購入いただき、400〜600字程度のメッセージのやりとりを最大3通までさせていただきます。

すべて読む

有料オプション


評価・感想(1件) 5.0

読み込んでいます...

関連サービス