Amazon商品リサーチ検索キーワードリストします

商品リサーチのキーワード選定にお困りの方にお勧め(Excel

評価
-
販売実績
0
残り
5枠 / お願い中:0
Amazon商品リサーチ検索キーワードリストします 商品リサーチのキーワード選定にお困りの方にお勧め(Excel イメージ1
Amazon商品リサーチ検索キーワードリストします 商品リサーチのキーワード選定にお困りの方にお勧め(Excel イメージ1
  1. 提供形式
    テキスト
  2. お届け日数
    3日(予定)
    用途
    • データ分析・解析
    • データ入力・収集
    • リサーチ・データ収集
    • データ整理・集計

サービス内容

Amazon商品リサーチ検索キーワードリスト スモールキーワード約9000個をExcelデータでご提供。 (ミドルキーワードとビッグキーワードは追加オプション扱いとしました) アマゾンで商品リサーチの際にほぼ必ずキーワードの入力が必要になります。 その際、初心者の方は、なかなかキーワードが思いつかず、結局ありがちな 大きなキーワードを検索してしまう結果、ライバルが強力な商品をリサーチを 一生懸命行う可能性が高いです。 とくに、中国輸入仕入れにおけるOEM,ODMのような自身のブランドとして 販売する場合には自身の経験や判断力、仕入れ資金が限定されている為、 初期の段階(初心者)の方は、ライバルが弱い商品(カテゴリ)でかつ、 一定の売上が見込める商品を選び抜く必要がございます。 その際の、大きな数値指標になるのが、Amazon上での購入者側での 検索ボリュームです。 この検索ボリュームに基づく売上規模やライバル商品数の多い少ないが自身の販売結果に大きく反映します。 ただし、検索ボリュームの具体的な多い少ないの判断数値が不明な方がほとんどです。 私自身も含めて。 そこで、私自身のリサーチの一環で以下のグルーピングに分けてみました。 ・ スモールキーワード(8998個)- 初心者向け(資金小) ・ ミドルキーワード(3809個)- 中級者向け(資金中) ・ ビッグキーワード(1674個)- 上級者向け(資金大) 今回のExcelデータから分かる指標データ 1: ある検索数レンジで指定した範囲での「検索キーワード」 2: 検索成長率(トレンド性の有無が分かります) 3: 該当キーワードでの月間販売数 4: 検索数に対する購入率 5: 該当キーワードに対する該当商品数(ライバル商品数と言えます) 6: 販売上位5位商品に対するクリック集中率(上位商品の強さが判断できます) キーワードには、メーカー・ブランド名の他、ポケモンなど有名な商品名、 ネクタイ・財布など商品自体を示すワード、2語連語、様々なキーワードが 検索数に基づいて抽出されます これらを丹念に調べることで、自身のスキルや資金に応じた仕入れ商品群が 見えてきますので、ジワリとリサーチスキルが身につくと思われるExcelデータとなっております。

購入にあたってのお願い

Amazon販売経験

有料オプション