緊急時の資金調達を全面的にサポートします

希望に沿った金額を着実に調達するために知恵を絞ります

評価
-
販売実績
0
残り
5枠 / お願い中:0
  1. 提供形式
    テキスト ビデオチャット打ち合わせ可能
  2. お届け日数
    要相談
    業種
    • 製造業
    • 小売・飲食・生活
    • IT・テクノロジー
    • 建設・不動産
    • その他
    職種
    • 経営者・経営企画・経営戦略
    • 事業開発・R&D
    • 経理・財務・IR
緊急時の資金調達を全面的にサポートします 希望に沿った金額を着実に調達するために知恵を絞ります イメージ1
緊急時の資金調達を全面的にサポートします 希望に沿った金額を着実に調達するために知恵を絞ります イメージ1

サービス内容

今まで、経営コンサルタントとしての業務を通じて、多くの企業の資金調達をサポートしてきました。 コロナ緊急時の資金調達に関しても、サービス出品現在、3社に対する緊急融資のサポートを行いました。 融資の申し込みに対して、金融機関側は、以下の視点で審査を行います。 ①融資希望額や資金使途が合理的であるか ②返済が可能であるか ③融資後の事業継続(経営発展)が見込めるか 通常の融資では①→②→③の順に重きを置く傾向が見られますが、コロナのような緊急時の融資に関しては、 ③→②→①の順に重きを置いた審査が行われている傾向が見られます。 つまり、もともと助かる見込みのない事業者に対しては緊急時であっても融資に対して慎重な姿勢を見せますが、今持ちこたえることで事態が収束した後に再び復活して成長していける事業者に対しては積極的な姿勢を見せるということです。 当サービスでは、依頼者から事業内容や業績に関する情報の提供を受けた上で、金融機関側に以下のことをスムーズに理解してもらうための書類を作成させていただきます。 ・融資希望額の算出根拠(融資希望額=今を持ちこたえるために必要な資金+事態が収束した後の復活に必要な資金であること) ・復活後に返済が可能である根拠(復活後の業績見込みから、返済開始時期の設定が合理的であり、返済開始後の返済も可能であること) ・融資後の事業継続(経営発展)が見込める根拠(事態が収束した後に、どのような道筋で事業の復活がなされ、その後どのような成長を描けるのか) コロナの緊急融資においては、金融機関所定の書類を提出した後に行われる面談で今後のことを聞かれ、融資の判断が行われますが、事前にこのような書類を提出しておくことで、金融機関側に必要なことを説明しやすくなり、その結果、融資の可能性が高まり、スピードも速まるものと私は考えています。 書類は、依頼者が説明できる内容で作成し、金融機関側とどのように接するかということについてもアドバイスいたします。 ※この対応は、創業や新規事業開発目的での融資にも通用するものです

購入にあたってのお願い

融資は、申し込みを行ってから決済が得られるまでに一定の時間がかかります。 よって、必要な書類を作成するためのやり取りに関して、私もレスポンス良く対応することを心がけますので、私に対するレスポンスも極力早めていただけるとありがたいです。 また、やり取りは、WordやExcel等のファイルを介して行いますので、相談者の方が直接ファイルに書き込める状態が望ましいです。

有料オプション