ダウ・日経暴落の時に狙うデイトレ手法を教えます

1回でどかんと稼いでいきたい方におすすめです。

評価
5.0 (2)
販売実績
2
残り
5枠 / お願い中:0
  1. 提供形式
    PDF・各種定型ファイル
  2. お届け日数
    3日(予定)
    初回返答時間
    19時間以内(実績)
ダウ・日経暴落の時に狙うデイトレ手法を教えます 1回でどかんと稼いでいきたい方におすすめです。 イメージ1
ダウ・日経暴落の時に狙うデイトレ手法を教えます 1回でどかんと稼いでいきたい方におすすめです。 イメージ1

サービス内容

これから1回でどかんと稼いでいける、地合い投げ売りデイトレ手法を説明します。 最初に言っておきたいのは、チャンスは少ないこと。年によっても違いますが、1年で数日しかありません。2019年だと8日だけ。2020年は10月28日までで8日。 なぜ少ないのかはタイトルと見てもらえば分かるように、ダウ・日経暴落の時に狙う方法だからです。なので暴落が無ければチャンスはありません。 でも1回で大勝負できる手法なので、資金がある程度ある人ならこの手法だけでも十分なはずです。そのくらい破壊力があります。さらに、地合い悪化時のスイング損失をカバーできる手法でもあります。 スイング買いは急激な地合い悪化にとても弱いです。前日まで含み益だったのが、1日で含み損もしくは損切りになってしまうこともあります。その弱い部分をカバーしていく必要があります。 地合い悪化を先読みして利食いしてしまうことも有効です。でも毎回それができたら苦労しませんよね。実際は、先読みしてもその通りになることはそんなに多くありませんから解決策にはなりません。そこで考えたのが今回のデイトレ手法です。 この方法は2015年から実践してきて、ダウや日経の暴落時に、スイング買いポジションの損失カバーを何度もできています。 それでも最初に説明したように、地合い投げ売りデイトレ手法はチャンスが少ないです。なので、おまけとして節目デイトレ手法も加えています。 デイトレードは通常、何時間もずっと張り付いていないと続けられません。株のみなら続けることができるかもしれませんが、他にやらないといけないことがあると続けることはできませんよね。僕も毎日9時から15時までずっと張り付いてのトレードはできません。 できないというか、株だけに毎日5時間も使うのは勿体ないと思ってしまい続けたくなくなります。そういうのもあり、ずっと張り付かなくてもできるデイトレの方法はないかと考え出来たのが2つ目に紹介するデイトレ手法です。 日中時間が余っている方は、節目デイトレ手法も実践してみてください。 ■セット内容 全PDF247ページ ・地合いの投げ売りデイトレ株手法&節目デイトレ株手法 PDF116ページ ・チャート(テクニカル)による売買タイミング戦略書 PDF131ページ

購入にあたってのお願い

・当マニュアルを利用し発生したいかなる損失・損害について、一切の責任を負いかねます。最終的な判断は、自己責任のもとご利用ください。 ・当マニュアルに含まれる情報は、著作権法によって保護されています。著作権者の事前許可を得ずして、一部または全部を許可なく転載、転売、転用、再配布の二次利用を行うことを禁じます。 ・購入後の返金には対応できません。予めご了承の上ご購入ください。