サービスを探す

補助金「経営改善計画策定支援事業」の儲け方教えます

税理士・中小企業診断士等の方へ 補助金申請から顧問契約ゲット

販売実績:3
現在お願い中:0 残り受付枠:5 お届けまで:3日(予定)
2,000

20ポイント(1%)獲得

有料オプション

サービス内容

税理士・会計事務所・中小企業診断士・コンサルタント会社の方必見。補助金事業「経営改善計画策定支援事業」に取り組んで、顧問契約の増加・顧問料アップを図りましょう。
税理士以外の他士業・コンサルタントの方でも取り組むことは可能ですが、申請書自体に「認定支援機関」の証書の添付が必要になるので、ご注意ください。
レジュメは全32ページで、実務上の話を多くのページを割いて書かせてもらっています。当事業のあらまし自体は中小企業庁のホームページに掲載されておりますので参考にされるといいかと思います。
「経営改善計画策定支援事業」に全国で一番取り組んでいた会社に在籍し、おかげさまでレジュメを書けるぐらいのノウハウを集めました。
以前、税理士・社労士の集まる勉強会で講義をさせてもらい、好評いただきました。

また、税理士さんなどから個別で相談を受けることもあり、補助金申請のお手伝いをしています。

有料オプション

このサービスには、2,000円のサービスに、プラスして「有料オプション」サービスが
付いています。
※購入したサービスがキャンセルになった場合は全額返金させて頂きます。

購入にあたってのお願い

自身が講義で発表した時のパワポをアレンジして、PDFにて送付いたします。
税理士の方以外の士業・コンサルタントの方でも活かせるような内容になっています。
例え「認定支援機関」の証書は持っていなくても、新たなビジネスの着眼点にもなると思っています。
独立して間もない方、長らく開業しているが新しい売り上げの軸が欲しい方、新規事業に取り組んでみたい方は、一度読まれてはいかがでしょうか。

一言PR

当事業に取り組んでいた時は、依頼が受けきれないぐらいの件数が来ていました。
取り組み数を増やすことで、金融機関からの信頼も増し、さらに依頼が増えるという好循環をたどります。当方、経営コンサルタントを10年以上やっていますが、ここまで頼られたことは初めてです。

よくある質問

当事業に取り組むにあたり、必要な資格はありますか。
「認定支援機関」の証書が必要です。税理士・会計事務所なら、研修を受けることによって取ることができ、実際9割以上の事務所が取得しているというデータもあります。
またほかの士業の方でも「認定支援機関」の称号を取得することも可能です。
実務上では、決算書が読めないと計画書は作成できませんので、簿記2級ぐらいの会計レベルは必要かと思います。
当事業は、いくら儲かりますか。
補助金事業単体で儲けを出そうと思えば、計画書作成までの工数を限りなく減らすことが近道です、が当レジュメでは別の視点から書かせてもらっています。
年収3,000万いくことも可能ですし、社内ではそれに近い人も何人かいました。
自分は2,000万いかないぐらいでした。

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス