あなたの原稿を紙の本または電子書籍として出版します

あなたのたいせつな原稿を出版しましょう

評価
-
販売実績
0
残り
1枠 / お願い中:0
  1. 提供形式
    テキスト
  2. お届け日数
    要相談

サービス内容

書きためたたいせつな原稿がだれにでもあります。かつて出版はいちぶのセレブだけに許された特権でした。 でも今はだれにも出版の道が大きくひらかれています! 詩集と小説。だれにとってもだいせつなたいせつな宝物。 アマゾンキンドル・アップルブックスなどでの電子出版はもちろんのこと、紙の本として出版することもできます。出版費用はかかりません。あなたの原稿がアマゾンのサイトにのって世界中の人が見てくれます。 わたくしは10冊以上の本を、電子出版と紙の本を出版した実績があります。出版そのものにかかる費用は0円です。 電子書籍形式への変換方法、アップロードの仕方、サイトへのライター登録方法、アドバイスいたします。 なお、電子書籍販売プラットフォームへのアップロードにつきましては、個人情報と本人確認が必要なため、ご本人様しかできません。アップロード代行まではできませんのでご了承願います。 紙本出版につきましては、出版業者を紹介します。この場合も、自費出版とちがって出版費用はかかりません。アマゾンと提携している出版業者がみなさまのご本の紙本データをアマゾンに提出し、アマゾンが売れた冊数分の印税をお支払いするシステムとなっています。

購入にあたってのお願い

キンドルなどの電子出版プラットフォームへのアップロードのお手伝いをいたします。 紙の本については、原稿をお預かりして、アマゾン出版代行業者へ仲介いたします。 事前サービスとして少しもうしあげます。 実は、電子書籍形式に変換しなくても電子書籍出版は可能です。 例えば、キンドルは、マイクロソフト・ワードで書いたワード形式原稿をアップロードすれば、アマゾンのほうで自動的にキンドル形式に変換してくれます。 グーグルプレイブックスでは、PDF 形式原稿をアップロードができるので、マイクロソフト・ワードなどを使って、PDFとして書き出した原稿をグーグルに出せば簡単に出版できてしまいます。 ただし、どちらもライター(作家)登録時の税金関係などの手続きが面倒ではあります。 アップルの iBooks の場合は、windows パソコンからは出版できない仕組みとなっています(アップル社の Mac を買うか借りれば出版可能となります)。