ローカル5Gの最新動向調査 資料を販売します

今後急拡大する市場の現状と今後の方向性を明確にする

評価
-
販売実績
0
残り
5枠 / お願い中:0
  1. 提供形式
    PDF・各種定型ファイル
  2. お届け日数
    要相談
    用途
    • リサーチ・データ収集

サービス内容

「ローカル5G」は企業や自治体、大学などに電波が割り当てられる事になっており、その通信網を建物の中など限られたエリアにはりめぐらせて活用される事が予想される。 ローカル5Gの活用によりモバイルキャリアのサービス提供が届かない場所でも、企業・団体などは5Gの利点を活用できる。今後、配送・物流、サービス業・観光、エンタテイメント・スポーツ・レジャー、工場・製造・オフィス、教育・研修・文化、金融・決済、スマートホーム・スマートシティ・エネルギー、農林水産業、建設・土木、報道・広告・コンテンツ制作、医療・ヘルスケア、自治体・防災などあらゆる分野での導入可能性があり、ローカル5Gのネットワーク構築は、システムインテグレーター(SIer)や端末メーカーのほか、多方面でのビジネスチャンスが生まれようとしている。そこで今回、2020年に幕開けとなった「ローカル5G市場」の現状を明確に把握する為に本調査資料を企画しました。 <調査内容> A.市場編   1.市場概要   2.市場規模予測   3.技術動向   4.市場拡大の為の課題・阻害要因 B.実証・導入事例編   ・導入企業・団体   ・参画システムインテグレータ(Sler)   ・導入場所   ・導入用途   ・導入システム内容   ・特記事項

購入にあたってのお願い

本資料は、「ローカル5G」に関する最新の市場状況、導入状況を明確にしています。 資料の具体的な内容は、別途カタログを準備しておりますのでお申し付けください。