パンフレット、ロゴの文字が使えそうか調査します

それ、使えるロゴですか? 致命的欠陥回避 デザイナー依頼前に

評価
-
販売実績
0
残り
5枠 / お願い中:0
パンフレット、ロゴの文字が使えそうか調査します それ、使えるロゴですか? 致命的欠陥回避 デザイナー依頼前に イメージ1
パンフレット、ロゴの文字が使えそうか調査します それ、使えるロゴですか? 致命的欠陥回避 デザイナー依頼前に イメージ1
パンフレット、ロゴの文字が使えそうか調査します それ、使えるロゴですか? 致命的欠陥回避 デザイナー依頼前に イメージ2
パンフレット、ロゴの文字が使えそうか調査します それ、使えるロゴですか? 致命的欠陥回避 デザイナー依頼前に イメージ3
パンフレット、ロゴの文字が使えそうか調査します それ、使えるロゴですか? 致命的欠陥回避 デザイナー依頼前に イメージ4
パンフレット、ロゴの文字が使えそうか調査します それ、使えるロゴですか? 致命的欠陥回避 デザイナー依頼前に イメージ5
パンフレット、ロゴの文字が使えそうか調査します それ、使えるロゴですか? 致命的欠陥回避 デザイナー依頼前に イメージ6
パンフレット、ロゴの文字が使えそうか調査します それ、使えるロゴですか? 致命的欠陥回避 デザイナー依頼前に イメージ7
パンフレット、ロゴの文字が使えそうか調査します それ、使えるロゴですか? 致命的欠陥回避 デザイナー依頼前に イメージ8
パンフレット、ロゴの文字が使えそうか調査します それ、使えるロゴですか? 致命的欠陥回避 デザイナー依頼前に イメージ9
パンフレット、ロゴの文字が使えそうか調査します それ、使えるロゴですか? 致命的欠陥回避 デザイナー依頼前に イメージ10
  1. 提供形式
    制作物 (+テキスト打ち合わせ)
    スタイル
    タイポグラフィ
  2. 商用利用
    著作権譲渡
    無料修正回数
    無料修正なし
    ラフ提案数
    ラフ提案なし
    お届け日数
    要相談
    用途
    • ロゴ
    • 名刺・ビジネスアイテム
    • 販促・集客
    • 店舗・企業・事務所
    • 商品
    業種
    • 飲食
    • 美容・ファッション
    • 小売
    • IT・通信・テクノロジー
    • ライフスタイル
    ファイル形式
    • JPG
    • PNG

サービス内容

ロゴが納品されてから、文字を変えると大変です。デザイナーにまたお金を払わなければなりません。 ロゴで一番怖いことは、他人の商標権の侵害です。商標権の侵害をすると裁判を起こされ、多額の賠償金を払わなければならないこともあります。また、刑事罰になることもあります。 ロゴと同一・類似の商標が先に登録されていると、商標権侵害となりえます。 類似というのは簡単にいうと紛らわしいということです。 例えば、「パナソニック」と「バナンニシク」は紛らわしいと思います。 図柄付きのロゴでも、ロゴの文字部分だけを取り出して、判断される場合があるので要注意です。 図形があるから違うという言い逃れはできません。 パンフレットなどに記載する商品名なども、商標権侵害になることがあります。 もし、そのロゴや、商品名をブランドとして育てていきたいのであれば、本来は商標登録をお勧めします。 しかし、商標登録をしないまでも、最低限、その文字が他人の商標権を侵害しないか調査をしておく必要があります。 次は、美味しくて有名なロールケーキ屋さんの実話です。 同社は販売するケーキの包装に社名である「モンシュシュ」を表示していました。 ちなみにモンシュシュは、フランス語で私のお気に入り、という意味らしいです。 しかし、「モンシュシュ」については、他の洋菓子メーカーが商標を登録していました。 そのため、商標権侵害で、約5140万円の損害賠償を命じられてしまいました。 また、同社は店名や社名を変更せざるを得なくなりました。 この事件では、ケーキの包装が問題となりましたが、伝票やパンフレット、店名、WEBページにつけるマーク、などについても、商標権の侵害の問題が生じることがあります。 文字について、調査をしておかないと多大なリスクを背負うことになります。 輝くようなロゴをデザイナーさんに作成してもらっても、そのロゴが使えないかもしれません。 まずは、その文字を使っても大丈夫そうなのか調査してから、ロゴの作成をお勧めします。 これをせずに、お店などのロゴを発注することは、お金をドブに捨てるのと同じです。 調査については、その文字と類似する商標が、先に出願されていないかというを調査させていたたきます。 調査とサンプル3っつ作れる夢のようなサービスです。 (資格はプロフィール参照)

購入にあたってのお願い

ご購入の契約内容です ■ダイレクトメッセージでロゴ等に使用する文字と、その文字を使用する商品・役務(指定商品・役務といいます)をご購入前に、ご相談ください。 調査の対象は文字に限ります。 ①指定商品・役務は特許庁の表からの選択になります。 ②また上記表に記載されている類似群コードをお知らせください。 ①②の調査はご依頼者様の責任で、原則、当方の業務の範囲外とさせていただきます。 類似群コード5個まで調査します(オプションをご検討ください。また、あまりに多いとお引き受けできません、これについてはこちらで判断します) 調査については、使用できることを保証するものではありません。類似の商標が既に出願されていることを調査します。 オプションについては、一度お問あわせください。 ご注文より1週間以内に必要な情報がいただけない場合はキャンセルまたは、提供いただいた情報の範囲で納品とし、ご依頼者様は評価やコメントをしないことをお約束いただきます。類似群コードがあまりに多い場合も同様です。 限られた範囲での調査なので、本調査について生じたいかなる損害についても免責をお約束いただます。

有料オプション