マスター2

キャッチーなキャッチコピーに満足しないキャッチャーへ。変化球投げてストライク狙います。

1,000

10ポイント(1%)獲得

有料オプション
  • 6
    販売実績数
  • 1
    現在お願い中
  • 3/約1日
    お届けまで(予定/実績)

サービス内容

キャラクターネームしかり、あだ名しかり、短い文章しかり、商品名しかり、POP文言しかり、似たり寄ったりの市場の中で、キラリ光るような表現をお届けします。
文字表現なら基本どんなことでもお手伝いします。

有料オプション

このサービスには、1,000円のサービスに、プラスして「有料オプション」サービスが
付いています。
※購入したサービスがキャンセルになった場合は全額返金させて頂きます。

購入にあたってのお願い

私ができるのは、ありきたりな市場の中で、差別化するような弱者の戦略です。万人受けはしなくても確実にコアなファンをつくるような、ターゲットを明確化したクリエィティブを得意とします。つまり接近戦です。



(普段の仕事で作るコピーは何万人と目を通すものなので教科書のようなコピーが多いです。上記とは対照的な強者の戦略ですね。それゆえ、普遍性を求めた要望にも対応可能です)

一言PR

300人案の中、オンリーニャン!

よくある質問

弱者の戦略とは具体的にどういったものですか?
はい。たとえば、本当に例えばですが、小売店で、おせんべいを売りたいとします。ターゲットは60代以上の女性。強者であれば「60代に売れてます!」とPOP表記しても問題ありません。つまらないですが。売れるでしょう。なぜなら、強者は常に一定の客数でパッケージの可視率と、メーカー商談による低売価と、付加サービスで既に信頼を得ているからです。
弱者は、戦略として、そこにプラスαもしくはステップアップ、ひねり等を加えないと太刀打ちができません。
プラスαもしくはステップアップ、ひねりとは?
はい。上記せんべいの例で言うと、完全にターゲットを絞るようなキラり光る文言を設定することが一つです。
「60代に売れています!」と伝えたところで、お客様はなにかメリットを感じるでしょうか?
「だからなに?」でスルーされます。
じれったいです。なにかその、えっと、プラスαもしくはステップアップの例を出してください。せんべいで!
あなたは既に私のコピーを買いたくなっていますね?
これがいわゆる弱者の戦略です。

ドキドキするようなコピーを作成いたします。
最後に一言、うまいこと!
売れた、ではなく売るのです。

評価・感想(4件) 4.5

コミュニケーション
  サービスの説明
 
読み込んでいます...

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス