求人広告の売上の作り方をお教えします

効率的にクロージングへ持っていく流れを徹底的に伝授します

評価
-
販売実績
0
残り
3枠 / お願い中:0
  1. 提供形式
    ビデオチャット
  2. 業種
    • 人材・業務支援
    • メディア
    • その他
    職種
    • コンサルタント・リサーチ
    • 営業・接客
求人広告の売上の作り方をお教えします 効率的にクロージングへ持っていく流れを徹底的に伝授します イメージ1
求人広告の売上の作り方をお教えします 効率的にクロージングへ持っていく流れを徹底的に伝授します イメージ1

サービス内容

求人広告の営業は、『お客様に尽くしてもすぐに競合他社に流れ、とにかく数をこなさなければならない』と思われている方が多いかも知れません。 確かに、その通りかもしれませんが、『クロージングまで持っていく、尚且つ継続的にご利用いただく方法』を知っているか、知らないかでは雲泥の差です。 私は1年目ではとにかく数をこなし、知見を貯めて行きました。ただ、数をこなし、お客様の御用聞きになるだけでは、限界はあると感じました。 2年目からは、試行錯誤した上で年間成績優秀賞をいただき、当時の最年少記録を塗り替えております。以降、7年目まで成績優秀賞をいただいております。 この業界の営業は抱える顧客数、事務処理がとにかく多く、差別化が図りにくい領域である中、何故数字を残せてきたのか?下記が一例ではありますが、実際のやり方が分からない方も多いですよね。 ■原稿内容の徹底したヒアリング →応募数が少なく、怒られることも多いですよね。これは単純にヒアリング不足だからです。仮に徹底したヒアリングを元に求人票を作成していたら、まず怒られません。お客様も納得していただけます。次回への提案にも繋がります。大抵の方は、出来ているつもりでも修正点は多いです。 ■TELアポ アポイントを取れただけで満足していませんか?私自身は、電話で8割方はクロージング手前まで持っていってます。実際に訪問した時点である程度はご納得いただけてます。 ■お客様の御用聞きは絶対NG お客様が欲しいのは優秀な応募者ですよね。ここは曲げてはいけません。 とにかく、目先の契約が欲しい為に、機嫌を損ねず進行させる営業が多いです。確かに新規契約数は上がりますが、長期的に見るとメリットは無いんです。 上記以外にも、抑えるべきポイントはたくさんあります。 まずは、貴方のご状況を詳しくお聞きしつつ、お話できればと思っております。

購入にあたってのお願い

★所属しているエリア ★どの商品を中心に販売されているか?(紙媒体・WEBメディア・オウンドメディアなど) ★社歴 ★主な新規獲得方法 ★既存客の膨らませ方、関係維持 ★TEL、面談、DM以外での顧客満足度を上げる方法 ※最低限、上記は自身で把握していただくと、より良い時間になると思います。分からない場合には、ご用意せずとも問題ありません。

有料オプション