小学校の先生(又はなる学生限定)!英語教えます

小学生に正しく英語の文字を読ませる方法を教えます。

評価
5.0 (1)
販売実績
1
残り
5枠 / お願い中:0
  1. 提供形式
    ビデオチャット
  2. 初回返答時間
    1時間以内(実績)
    ジャンル
    • 日本語→外国語
小学校の先生(又はなる学生限定)!英語教えます 小学生に正しく英語の文字を読ませる方法を教えます。 イメージ1
小学校の先生(又はなる学生限定)!英語教えます 小学生に正しく英語の文字を読ませる方法を教えます。 イメージ1

サービス内容

小学校の先生(又は目指している学生さん)に英語を教えます。 tomoちゃんはとっても褒め上手です(笑。ビシビシの厳しさを求める人にはお薦めしません。優しく教えてもらいたい方は是非。 小学校の教科に「外国語」(英語)が含まれることになり、実際の授業を行うことに不安に思っている先生方がいます。発音に自信がない、元々英語はあまり得意科目ではなかった、そんな声を聞くようになりました。 私の小学生のクラスのゴールは、ズバリ! 「英語の文字を読めるようにする」です。 2004年の文部科学省の調査では、「外国語活動が嫌い」と答えた生徒の嫌いな理由が、「英語を読むことがうまくできないから」が50.4%に上っています。 たとえば、日本語は平仮名を習ったら、「あ」「り」とつなげるだけで「あり」になる。しかし英語は「a」「n」「t」とつなげても「エー」「エヌ」「ティー」となって、 antとは読めない言語なのです。 ですが、日本の英語教育では、いきなりschoolを分解せず、そのまま読ませる方法しか取っていないため、多くの子どもたちが英語の文字を「読めない」と感じる状況になります。無理やり日本語のローマ字読みにつなげて読み、スペルを覚える事でリスニングができなくなっています。 だって正しい音を知らないのだから! 「発音を教えるだけでなく、発音と文字を一致させ、自分の力で読めるようにする」 小学校の英語の導入で大事なことは、これに尽きます。そして英語の文字を読めるようにして中学生に上げる。それが小学校の英語のゴールだと考えています。 小学校での英語教育に不安がある先生と学生さんの力になりたいです ⭐︎コース期間⭐︎ 全10回 ⭐︎価格⭐︎ 60分 4000円 ✖︎ 10回 ⭐︎コース内容⭐︎ ①音読(こちらで教材を準備します) ②ご自分の小学校で使用している英語の教科書を使用し、文字の発音練習、つなげて読んでいく方法の練習。(1冊を10回の中で終了させます。) ③その他。個人に合わせ、必要な内容を設定します。 後半の最後には実際にデモレッスンを行う予定です。授業の練習を行うことで自信を持って欲しい!(デモレッスンを希望しない場合は行いません) ⭐︎料金・お申し込みの流れ⭐︎ ダイレクトメッセージでお問い合わせ ↓ 時間を設定 ↓ 教材準備 ↓ スタート

購入にあたってのお願い

⭐︎お問い合わせの時にお知らせください⭐︎ 1)下のお名前 2)教科書の種類 3)希望のレッスン日時 4)英語の授業で不安に思っている事、教えて欲しい事 ⭐︎振替も可能です(連絡して下さった場合に限ります)