家賃支援給付金の申請書類を作成します

コロナウイルス救済策の一つ、家賃支援給付金の書類作成を支援

評価
-
販売実績
0
残り
3枠 / お願い中:0
家賃支援給付金の申請書類を作成します コロナウイルス救済策の一つ、家賃支援給付金の書類作成を支援 イメージ1
家賃支援給付金の申請書類を作成します コロナウイルス救済策の一つ、家賃支援給付金の書類作成を支援 イメージ1
家賃支援給付金の申請書類を作成します コロナウイルス救済策の一つ、家賃支援給付金の書類作成を支援 イメージ2
家賃支援給付金の申請書類を作成します コロナウイルス救済策の一つ、家賃支援給付金の書類作成を支援 イメージ3
  1. 提供形式
    制作物 (+テキスト打ち合わせ)
  2. お届け日数
    要相談

サービス内容

7月中旬に正式決定される予定です。 「家賃支援給付金」とは、新型コロナウイルスにより売上が減少された方を対象にした、国からの給付金支援策です。 【サービス内容】 ・家賃支援給付金に関する相談対応 ・家賃支援給付金申請に必要な売上台帳などの書類作成 【対象者】 対象者は①または②の要件に該当する中堅企業、中小企業、小規模事業者、個人事業主です。 ①令和2年5月から12月までの間のいずれか1か月間の売上高が前年同月比で50%以上減少していること ②令和2年5月から12月までの間のいずれか連続する3か月間の売上高が前年同月比で30%以上減少していること 【必要書類 (予測) 】 ※今後、追加・変更の可能性があります。 1)賃貸借契約の存在を証明する書類(賃貸借契約書等) 2)申請時の直近3ヵ月分の賃料支払実績を証明する書類(銀行通帳の写し、振込明細書等) 3)本人確認書類(運転免許証等) 4)売上減少を証明する書類(確定申告書、売上台帳等) 個人事業主の方 ・確定申告書第一表(収受印が押されているもの、e-Taxの場合は「受信通知」を添付) ・青色申告決算書(青色申告を行っている個人事業主のみ) ・対象月の売上台帳 ・通帳の写し ・本人確認の書類の写し ・直近の月額家賃が分かるもの(賃貸借契約書や家賃の支払・引落を証明する資料等) 【給付額】 ■給付額は「算定給付額×6か月」 給付額は原則、「算定給付額×6か月分」です。算定給付額は直近の月額家賃を基準に算定されます。法人で最大600万円、個人で最大300万円が支給されます。 法人の場合 「1店舗だけなら最大月額50万円、複数店舗なら最大月額100万円」 給付率:支払家賃(月)75万円までは「 2 / 3 」 給付率:支払家賃(月)75万円を超えた部分は「 1 / 3 」 個人事業主やフリーランスの場合 「1店舗だけなら最大月額25万円、複数店舗なら最大月額50万円」 給付率:支払家賃(月)37.5万円までは「 2 / 3 」 給付率:支払家賃(月)37.5万円を超えた部分は「 1 / 3 」

購入にあたってのお願い

下記の2点を確認して下さい。 【①対象者】 対象者は①または②の要件に該当する中堅企業、中小企業、小規模事業者、個人事業主です。 ①令和2年5月から12月までの間のいずれか1か月間の売上高が前年同月比で50%以上減少していること ②令和2年5月から12月までの間のいずれか連続する3か月間の売上高が前年同月比で30%以上減少していること 【②必要書類】 法人の場合 ・確定申告書別表一(収受印が押されているもの、e-Taxの場合は「受信通知」を添付) ・法人事業概況説明書 ・対象月の売上台帳 ・通帳の写し ・直近の月額家賃が分かるもの(賃貸借契約書や家賃の支払・引落を証明する資料等) 個人事業主の方 ・確定申告書第一表(収受印が押されているもの、e-Taxの場合は「受信通知」を添付) ・青色申告決算書(青色申告を行っている個人事業主のみ) ・対象月の売上台帳 ・通帳の写し ・本人確認の書類の写し ・直近の月額家賃が分かるもの(賃貸借契約書や家賃の支払・引落を証明する資料等)