複雑な書類を解説!持続化給付金の申請を支援します

飲食店・個人事業主必見!昨年比5割以上売上減の月があれば対象

評価
-
販売実績
0
残り
5枠 / お願い中:0
  1. 提供形式
    テキスト ビデオチャット打ち合わせ可能
  2. お届け日数
    要相談
    業種
    • 製造業
    • 人材・業務支援
    • 小売・飲食・生活
    • 教育
    • その他
    職種
    • 経営者・経営企画・経営戦略
    • 経理・財務・IR
    • 人事・総務・法務
複雑な書類を解説!持続化給付金の申請を支援します 飲食店・個人事業主必見!昨年比5割以上売上減の月があれば対象 イメージ1
複雑な書類を解説!持続化給付金の申請を支援します 飲食店・個人事業主必見!昨年比5割以上売上減の月があれば対象 イメージ1

サービス内容

今、経営者にとって最も大切なのは会社を存続させること。 そのためには、少しでも多く手元にキャッシュを残したい。 そんな今、上手く活用したいのが助成金や補助金ですよね。 ちゃんと知識があり、活用すればビックリするほど受給を受けることができるんですよー! でも、いかんせんたくさんありすぎるし複雑すぎる… 現役人事で人事顧問を複業としている私、最近ずっと助成金や補助金を調べまくっていたらなんだか詳しくなってしまったので、みなさまのお手伝いに繋がればと考えました。 小規模事業者持続化給付金は法人で最大200万円・個人でも最大100万円の給付が受けられるもので、条件も比較的多くの事業者が当てはまるため、知らないのは損です。 ぜひ活用して下さいね。 例えば) ●昨年の総売上が1000万円・昨年3月売上150万あったが今年3月は20万まで落ちた企業 →200万円の給付対象 ●昨年の総売上が500万円・昨年3月売上30万あったが今年3月は10万まで落ちた個人事業主 →100万円の給付対象 ※状況ヒアリングをさせて頂き、給付金の申請書類作成をサポート致します。 ※他にも当てはまる助成金・補助金がないかの相談も承りますので別途ご相談ください。

購入にあたってのお願い

ご購入より原則24時間以内にヒアリングを送信させていただきます。 業務状況により遅くなる場合もございますのでご了承ください。 ご相談の流れ) 状況のヒアリング→申請に必要な情報収集・提供依頼→書類作成頂く→申請書類のチェック (書類の作成・申請はご自身でお願いします) ※より詳細な作成サポートを依頼したい場合はオプションをご購入ください。 ※書類提出できる状況になったところで最終的な回答とさせていただきます。 ※行政による支給決定の可否判断についての責任は負いかねます。 注意事項) 持続化給付金の支給対象に当てはまるのは以下の方です。 当てはまる方のみご購入ください。 (ご不安がある場合は購入前にメッセージでご確認ください) ●新型コロナウイルスの影響で売上が前年同月比で50%以上下がっている法人もしくは個人事業主(資本金10億円以上の大企業を除く)

有料オプション